スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


松發肉骨茶

ソンファ・バクテーSONGFA BAK KUH TEH

閉店・移転、情報の修正などの報告

シンガポールの国民食「バクテー」の名店。味わい深いスープと、ホロホロ崩れる豚肉が、たまらないおいしさ。

こんにちは、シンガポールナビです。今日はシンガポールの代表的ローカルフード「バクテー(肉骨茶)」の有名店「松發肉骨茶」をご紹介しましょう。いつもローカルのお客さんでいっぱいのこちらのお店は、明るくて開放的な雰囲気。旅行者が気軽に入れるのも大きな魅力です。シンガポーリアンのにぎやかなおしゃべりを聞きながら、国民的メニューのバクテーを食べていると、シンガポールに来たことを強く実感しますよ。地元民お墨付きのお店で、やわらかい豚肉と味わい深いスープのハーモニーを、ご堪能ください。

二つの店舗がある松發肉骨茶

ニューブリッジ・ロードに面した「松發肉骨茶」は、間に別のお店を挟んで、二つの店舗が並んでいます。左側の店舗はオープンテラスがあって開放的、右側の店舗はエアコンが効いていて快適。昼間に訪れるときは、陽光で明るい左側の店舗がオススメ。混んでいると、右側の店舗に誘導されることもあります。どちらの店舗も、店内は中国の民家のような内装になっていて、雰囲気がありますよ。テーブルに着くと店員が持ってきてくれるメニューには、日本語の料理名も記載されています! バクテーを注文すると、さっとアツアツのお椀が出てくることも嬉しいポイントです。
左側に位置する松發肉骨茶の店舗

左側に位置する松發肉骨茶の店舗

ローカルのお客さんでにぎわう店内

ローカルのお客さんでにぎわう店内

陽光が差す明るいテラス席

陽光が差す明るいテラス席

別のお店を挟んで右側にある店舗

別のお店を挟んで右側にある店舗

中国の古民家のようなムードの内装

中国の古民家のようなムードの内装

冷房の効いた店内

冷房の効いた店内

バクテーの魅力はとろける食感にあり

バクテーの漢字名は「肉骨茶」。豚肉のスペアリブを、ニンニクやスパイスとともに煮込んだ料理です。長い時間をかけて煮込まれたスープは旨味に溢れ、豚肉は口の中でホロホロくずれます。このとろける食感がたまらない! こちらのお店のバクテーはさっぱりした味と、よく効いた胡椒が絶妙なハーモニー。さらに、スープの中にたっぷり入ったニンニクのにおいが食欲を刺激します。気がついたら目の前には、ポロリと豚肉がはずれた後の骨の山が・・・食べ始めたら止まらないおいしさです。
ホロホロくずれるお肉がたまらない!バクテー

ホロホロくずれるお肉がたまらない!バクテー

サイドディッシュとともにどんどん箸が進みます。

サイドディッシュとともにどんどん箸が進みます。

ごはん派? 揚げパン派 ?どちらも相性よし!

バクテーは普通、ご飯や揚げパンと一緒に食べます。このお店の胡椒が効いたスープは、ご飯との相性がたいへん良好。豚肉と一緒に味わったり、レンゲでごはんにスープをかけて食べたりすると、もうたまりません。また、揚げパン(Dough flitter)もバクテーによく合います。お椀に入って出てくる、細長い揚げパンを輪切りにしたものは、そのまま食べるとみっしりした食感。これをスープに浸して食べると、旨味が染みたやわらかい口あたりになります。お好みの方を召し上がれ。
バクテーと白いごはんの相性は最高

バクテーと白いごはんの相性は最高

ごはんの上にレンゲでスープをかけるとおいしい!

ごはんの上にレンゲでスープをかけるとおいしい!

お椀で出てくる、細長い揚げパンを輪切りにしたもの

お椀で出てくる、細長い揚げパンを輪切りにしたもの

スープに浸して食べると深い味わい

スープに浸して食べると深い味わい

魅惑のサイドディッシュ

松發肉骨茶はバクテー専門店ですが、さまざまなサイドディッシュも魅力です。メニューを見てまず目に留まるのは、豊富に揃った豚肉料理の数々。「豚腸煮込み(Braised pigs intestine)」、「豚足煮込み(Braised pigs trotter)」、「豚肝のスープ(Pigs liver soup)」、「豚尾のスープ(Pigs tail soup)」などが並んでいます。豚腸煮込みはコクのあるまったりとした味で、噛み応えがありながらやわらかい食感にハマりそう。また、バクテーと相性の良い野菜料理もオススメです。チンゲンサイを炒めた「小白菜(Vegitable Xiao Bai Cai)」、アブラナの一種のサイシンを炒めた「菜芯(Vegitable Cai Sin)」などはご飯にもぴったり。バクテーのスープをかけた白いご飯に、これを載せて食べると、いくらでも箸が進みます。野菜炒めの上に載せられたガーリックフレークが、また食欲をそそるのです。
やわらかい食感とコクのある味の豚腸煮込み

やわらかい食感とコクのある味の豚腸煮込み

バクテーと相性の良い菜芯の炒め物

バクテーと相性の良い菜芯の炒め物

何度でもおかわりできるスープ

このお店の嬉しいところは、バクテーのお椀の中のスープが足りなくなると、すかさずお店の人が注ぎ足してくれるところ。さっぱりした味に、ニンニクのにおいと強めの胡椒が効いていて、スープだけでも満足できます。お店の人はいつもステンレスのスープの器を持って、テーブルの間を巡回しています。気がつかれない場合は、手をあげてスープの追加を頼むと、2杯でも3杯でも注ぎ足してくれますよ。あまりに何杯も頼みすぎた後は、最後にお椀の中がニンニクだらけになってしまうこともあります。
何杯でもおかわりできるバクテーのスープ

何杯でもおかわりできるバクテーのスープ

何杯も注いでもらううちに、お椀の中はニンニクだらけに。

何杯も注いでもらううちに、お椀の中はニンニクだらけに。


シンガポールでは朝いちばんから手軽に食べる人が多いほど、国民食として定着しているバクテー。昼食や夕食の時間はもちろんのこと、おやつの時間に訪れても、いつでも「松發肉骨茶」にはごはんや揚げパンとともにバクテーを食べるお客さんの姿があります。観光の合間に時間が空いたときにも立ち寄れるので、是非訪れてシンガポーリアンの代表的メニューを味わってみてくださいね。以上、シンガポールナビでした。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2011-05-02

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    cake312

  • photo

    THIN

  • photo

    ya-taro

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-08-30

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供