閉店・移転、情報の修正などの報告

150年前の市場をオシャレに変身させたホーカーズ。ヴィクトリア朝の屋根の下は、手軽でおいしい各国料理の宝庫!

こんにちは、シンガポールナビです。今日は2014年6月にリニューアル工事が終わり綺麗になったと評判の巨大ホーカーズの一つ、ラウ・パサ・フェスティバル・マーケットをご紹介します!巨大なホーカーズとあって各ガイドブックなどで目にする機会も多い、ラウ・パサ・フェスティバル・マーケット。オフィス街という場所柄、昼間は周辺で働く人の胃袋を、日没後は名物のサテー通りで観光客や、仕事帰りの人の胃袋をしっかりと満たしてくれる心強いラウ・パサ・フェスティバル・マーケット、通称ラウ・パサをじっくりご紹介します!

では行ってみよう!

ラウ・パサのMRT最寄り駅はラッフルズ・プレイス。この近辺、オフィスビルが立ち並び、こんなところにホーカーズが・・?と思うようなエリアなんですが、あるんですよねぇ~。駅のF出口から出てまっすぐ行けば到着できるという分かりやすい位置。周りはごらんの通りオフィスビルなんですが、この中に存在感の大きなラウ・パサがお待ちしています。

混雑具合はどう?

オフィス街にあるということもあり、ランチ時の混雑振りはハンパじゃありません!人気ストールでは大行列が当然のようにあり、テーブル確保もかなり難しいです。ランチでラウ・パサを利用したい人はランチ混雑スタートの正午は避けたほうがよいでしょう。

朝、夜は賑わいがあっても席確保はそれほど難しくありません。ご安心を~。

2014年にリニューアル完成!

2013年9月から始まったリニューアル工事。当初は2か月のリニューアル工事の予定が9か月もかかってしまいました。みんなが首を長くして待っていた再オープンの日となった2014年6月末には各ストールで長い行列が出来ていたほど。
新しくなってなによりも嬉しいのは、座席数が増えたこと。2500席あり、充実ぶりがうかがえます。ストール数は60店ほどに減ってしまいました。あと気になるお値段ですが、リニューアル後に値上げとなったお店が増えています。
それでも、清潔感もアップ、風通しも良くなって快適なラウ・パサへと生まれ変わりました~!

早速新しくなった中の様子をご紹介~!

ラクサやチキンライスなど旅行者に有名なTHEシンガポール料理!が楽しめるストールが充実。
この他、エコノミーライス(経済飯)と言われる好きなおかずを数点指差しで選んでそのおかずをごはんの上にどん!と乗せてもらうものもあります。
シンガポール料理の数は充実。今まで食べたことのないシンガポール料理を気軽に挑戦できますよ!

ラウ・パサで特徴といえば、いろんな国の料理が万遍なくあるということ。リトル・インディアではインドストールが多く、チャイナ・タウンでは中華系ストールが多いとエリアごとに料理が偏る傾向がありますが、さすがはラウ・パサ!コスタリカのストールまでありました~。


2014年のリニューアル後に登場したのは日本のスイーツショップとベーカリー。繊細なお味が楽しめるのはさすが、日本といったところ。ここで少しつまめるスイーツやパンを買うのもよさそうです!

ラウ・パサの施設内、Shenton WayとBoon Tat Streetの交差点近くにはWendysも!ホーカーズの料理はちょっと・・・というお友達がいても、お友達はWendysで注文してもらうっていうことも出来ていいですよね~。可愛らしい外観のお店が特徴です。

なんといっても、日没後のサテーでしょ!

ラウ・パサの名物といえば、もちろん日没後のサテー!ラウ・パサの北側のBoon Tat Streetが日没後はサテー通りに変わります。もちろんこの間、車の通行もストップ。道にプラスチックの椅子が並べられ、サテー通りは活気にあふれていきます。
このサテー、一体なんぞや?とお思いの皆さま。日本でいうところの焼き鳥みたいな感じといえば分かりやすいかな?マトンやチキンを串刺しにして焼いてある料理。そして、この串刺しにつけるソースがまた美味!ピーナツソースを付けて食べます!
サテー屋台は、宴会(?)にぴったりの雰囲気。ショッピングや街歩きで1日中フル回転した後に夜空の下でサテーと一緒にビールを飲むのは最高ですよ~!
サテー以外にも、注文してみんなで盛り上がれます! サテー以外にも、注文してみんなで盛り上がれます! サテー以外にも、注文してみんなで盛り上がれます!

サテー以外にも、注文してみんなで盛り上がれます!

注意点

○ラウ・パサのストールの入れ替わりが他のホーカーズに比べて頻繁にあります。あの時あったストールがない!ということもしばしば。

○日没後のサテー屋台近辺ではお客さんへの呼び込みがかなりあります。必要のないときはNOという態度で!はっきりNOと言えばあっさりと諦めてくれます。

○ラウ・パサ自体は24時間オープンですが、すべてのストールが24時間開いているわけではありません。朝食用メニューのないストールは昼前からオープンするパターンが多いです。

○場所柄、他のホーカーズに比べて値段が高めです。

いかがでしたか?大きな建物の下に、いろんな国の料理がぎゅっとつまったラウ・パサ。是非、食べに来てください!以上、シンガポールナビでした。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事更新日:2014-12-03

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    cake312

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-10-09

スポット更新日:2011-08-02

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供