スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


タイガー・スカイ・タワー

Tiger Sky Tower

閉店・移転、情報の修正などの報告

セントーサ島や南の島々を望める、アジアで最も高い海抜131メートルの自立構造のタワー!子供からお年寄りまで、家族みんなで楽しめるアトラクション☆

こんにちは、シンガポールナビです。セントーサ島内のいろいろな場所から見られて、最も目立つ建造といえばこの「タイガー・スカイ・タワー」なのではないでしょうか?シンガポールを代表するビール会社であるタイガービールのデザインが目立つタイガー・スカイ・タワーは、アジアで最も高い海抜131メートルの自立構造のタワーで、タワー自体の高さは110メートル、海抜だと131メートルと大体50階建てのビルと同じような高さなんですよ!もちろんセントーサ島内で一番高い建物で、展望台には一度に72人が上ることができます。これなら大人数で遊びに来てもみんなで楽しめますね☆また、晴れた日には何とジョホールバルやインドネシアの島々まで見渡せるそうですよ!

タイガー・スカイ・タワーへの行き方

セントーサエクスプレスからアクセスする場合は、まずインビア(Imbiah)駅を出ると正面奥にインビア・ルックアウト方面行きのエスカレーターがあるのでそこを上がります。
エスカレーターを上りきると左手にマダム・タッソー・シンガポールがあるのでその前を右に曲がると目の前にタワーが見えてきます。
突き当りを左側に道なりに進むとすぐ右に入り口があります。
インビア駅からは徒歩約3~5分です。
他にセントーサバスで行く方法もあります。ブルーラインかレッドラインに乗り、インビア・ルックアウト(Imbiah Lookout)バス停で降りるとすぐです。
インビア駅

インビア駅

インビア・ルックアウト方面行きのエスカレーター

インビア・ルックアウト方面行きのエスカレーター

エスカレーターを3つ程上がります。

エスカレーターを3つ程上がります。

左にマダム・タッソー・シンガポールを見て右を見るとすぐタワーが見えます。

左にマダム・タッソー・シンガポールを見て右を見るとすぐタワーが見えます。

突き当りを左に進みます。

突き当りを左に進みます。

タワーの入り口に到着☆

タワーの入り口に到着☆

受付

チケットを購入すると、まずは記念の写真撮影を行います。タイミングが良ければすぐ乗ることができますが、展望台が出発してしまった後でしたら最大で10分程受付で待ちます。座る場所があまりないのですが、一度に沢山の人が入れるアトラクションですし、そんなに待たないので大丈夫ですよ。

いよいよ展望台へ

展望台が降りてきたらいよいよ乗り込みです。くるくる回転しながら上っていくので、特に眺めのいい席というものはなく、どこに座ってもよく見えますよ。中はタイガービールのテーマカラーであるブルーを基調としたもので涼しげです。冷房も効いていて心地よいです。ただし、展望台内は飲食禁止なので気を付けてくださいね!
乗り込んでから3分程待つとすぐに出発しました。回転しながら結構速いスピードでグングン上昇して行きます。アナウンスは英語ですが、シンガポールのことや景色のことなどを説明してくれます。あっという間に一番上に到達しますが、ここで暫く回転しながら止まってくれるので良い眺めを堪能できますよ。ナビはお昼に上りましたが、夜景もとても綺麗ですよ♪
タイガービール一色の展望台 タイガービール一色の展望台 タイガービール一色の展望台

タイガービール一色の展望台

座席は堅いですが、窓が大きくて眺めバッチリです☆ 座席は堅いですが、窓が大きくて眺めバッチリです☆ 座席は堅いですが、窓が大きくて眺めバッチリです☆

座席は堅いですが、窓が大きくて眺めバッチリです☆

高所恐怖症の方は少し怖いかも知れませんね^^; 高所恐怖症の方は少し怖いかも知れませんね^^; 高所恐怖症の方は少し怖いかも知れませんね^^;

高所恐怖症の方は少し怖いかも知れませんね^^;

アジア一の貿易港が見えたり、シンガポールらしい景色を一望できますよ! アジア一の貿易港が見えたり、シンガポールらしい景色を一望できますよ! アジア一の貿易港が見えたり、シンガポールらしい景色を一望できますよ!

アジア一の貿易港が見えたり、シンガポールらしい景色を一望できますよ!

記念写真も買えますよ☆

初めに受付で撮影した写真をすぐに現像してくれます。記念に一枚買ってみてはいかがでしょうか?写真以外にもマグネットや置物にもできますよ。
また、小さなお土産物屋も併設されており、Tシャツやキャップ、小物などのお土産が手に入ります。スナックや冷たいドリンクも売っているので、小腹がすいた時や喉が乾いてしまった時には有難いですね☆

いかがでしたか?乗り物が充実しているとはいえ、結構歩かないといけないセントーサ島で、ちょっと疲れたかな?という時に、エアコンの効いた展望台で一休みしがてらいい景色をながめたり、また他のアトラクションを巡る前にまずタイガー・スカイ・タワーに上り、何がどこにあるか大まかに見てその先のスケジュールを考えるというのもいいかも知れませんね。以上、シンガポールナビでした。

記事登録日:2015-07-07

ページTOPへ▲

関連タグ: 展望台

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2014-07-18

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供