閉店・移転、情報の修正などの報告

シンガポールで一番古い仏教寺院。お参りしてすっきりした後は、シンガポール人と同じように、気になる運勢を占ってみませんか。

photo

いつもお花とお供えを手にしたたくさんのシンガポール人でにぎわっているお寺。その歴史は1884年までさかのぼり、1895年に現在の場所に建立されました。真剣にお参りしているシンガポール人の姿に圧倒されますよ。みなさんも占いの前には、ちゃんとお参りしてくださいね。お参りと占いの仕方は、①入口に置いてあるお線香を3本もらって、火をつけ、香台に立てる。最初は堂内の観音様に、次に向かって上空を見上げ天の神様に祈る。 ②堂内のカウンターで占い筒と勝杯(赤い三日月形の木片)を借りる。(この時、気持ちでお布施をしてくださいね。) ③シンガポール人を見習って、中央のカーペットの上でひざまずき、住所・氏名・お願いごとを言いながら筒を振る。 ④筒からおみくじが出たら勝杯を投げて、それでいいかどうかおうかがいをたてる。裏と表が出ればそれでよし、出なければもう一度③と④をくり返す。(3回やってだめなら、占う時期ではないということになります。) 結果が出たら、お礼のお参りをし、カウンターで番号を見せておみくじをもらう。 以上、時間があったらぜひトライしてみてくださいね!

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 仏教寺院 占い

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-11-01

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供