スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


アジア文明博物館

アジアン・シビライゼーション・ミュージアムAsian Civilisation Museum

閉店・移転、情報の修正などの報告

シンガポール、東南アジア、西アジア、中国、南アジアと、大きく分けて5つのギャラリーが有り、アジア各地の芸術品や文化財を展示する博物館。

こんにちは、シンガポールナビです。2015年にリニューアルを済ませたアジア文明博物館について詳しくご紹介します。東南アジアや南アジアに特化した博物館とその周辺の様子についてじっくりご覧ください!

アジア文明博物館とは?

白とクリーム色のコロニアルなこの建物、1800年代後半に建てられ、博物館としてオープンするまでは裁判所や政府官庁として使われていたもの。昔ながらの建物をうまく利用した素敵な外観です。

そして気になる博物館の中は名前の通りアジアの文化・宗教などの歴史がギュッと集まった博物館。アジアと一言で言っても仏教、イスラム教など多様な宗教がありますが、それらがテーマ別に見られるユニークな博物館です。

行き方&周辺の様子

このカベナ橋を渡ればすぐそこ!

このカベナ橋を渡ればすぐそこ!

博物館の目の前はシンガポール・リバー。そして川の向こうにはフラトンホテルがあります。フラトンホテルから博物館に向かう場合、カベナ橋を渡ってすぐのところにあるので、分かりやすいです。その他周辺にはマーライオン公園や新しくオープンしたばかりのシンガポール・ナショナル・ギャラリーがあり、この周辺は観光スポットがギュッと集まっているところです。

早速、博物館の中へ!

入り口を入ると目の前に受付があります。嬉しいことに入場料は無料ですが、こちらの受付でACMと書かれたシールをもらって中へ。このシールは館内にいる間、服などに見えるところにはっておいてくださいね。

受付に向かって右側にある階段で2階へ。この階段も素敵なんですよ!
受付でこのシールをもらって服などにはっておきます。

受付でこのシールをもらって服などにはっておきます。

優雅な気分になる階段

優雅な気分になる階段


博物館の中は5つのテーマに分かれています。2015年のリニューアルに伴い新しく増えたギャラリーもあり、アジア文化を網羅しています!

1:Southeast Asia 
2500年に渡る東南アジアの歴史・文化について。テキスタイルやジュエリーも展示してあり、女性に必見です!

2:Ancient Religions
ヒンズー教、仏教、そしてジャイナ教など古代インド宗教について。

3:South Asia and Islamic World
主にパキスタン、バングラデシュ、インドの文化と、イスラムの世界。そしてヒンズー教、仏教、ジャイナ教の美術について。

4:Tang Shipwreck Gallery
唐の時代の難波船 1998年に金銀や陶器を大量に積んだ9世紀の難破船を発見されたのにちなんだギャラリー。

5:The Scholar in Chinese Culture Gallery
学者や商人、華僑など様々な視点からの中国文化について。

6:Contemporary Project Gallery
東南アジアの現代美術について

館内、仏教美術があると思えば、一方でアラビア語の文字がある作品があったりと、アジアと一言で言っても背景は様々。様々な文化・宗教があるんだなあ~と改めて実感できます。

日本語ガイドの時間に狙いを定めて行くのもオススメです。

日本語ガイドの時間に狙いを定めて行くのもオススメです。

そして、館内では作品を説明してもらえるガイドのサービスもあるのでより詳しく理解するためにぜひともガイドツアーのある時間にぜひとも参加したいですね!

~~~日本語ガイドの時間~~~
<火-金> 10:30から
<毎月第二土曜日>13:30から

館内の施設

ロッカー
入り口にある受付の裏にコインロッカーがあります。
大きな荷物を抱えている人はこちらに預けてください。普通の手荷物の大きさのカバンであれば館内に持ち込みできます!

ミュージアム・ショップ
入り口を入ってすぐ左手にあるミュージアム・ショップ。こちらではかわいくてしかもシンガポールらしさがある雑貨も。ありがちな美術館のグッズだけじゃない、雑貨好きにはたまらないかもしれません。小さいスペースなのですが、面白いものがギュッと詰まっています。

カフェ (Prive)
入り口を入って左手の奥にあるカフェ。博物館の外側、ちょうどシンガポール・リバー沿いからも入れます。大きいケーキがケースに並んでいてどれにしようかと悩んでしまうくらい。アートに触れた後にこちらでゆっくりくつろいでください。週末は家族連れの姿をよく見かけます!

館内での注意点

*写真撮影はフラッシュなしであれば撮影可能です。
*入場料は無料ですが、受付で必ずACMと書かれたシールをもらって入場してください。


いかがでしたか?アジア文明に特化したこちらの博物館。歴史を感じることができる建物に、アジアの様々な宗教・文化・美術が詰まったユニークな博物館です。周辺の観光の合間に、ぜひお出かけくださいね。以上、シンガポールナビでした!

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2015-12-09

ページTOPへ▲

関連タグ: 文化財 芸術 文明

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-12-09

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

インドシン・ウォーターフロント

インドシン・ウォーターフロント

インドシナ料理をお洒落に美味しくいただけるお店。リバーサイドのテラス席でゆっくりとリゾート気分を味わってみては・・・