スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

観光情報 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場


閉店・移転、情報の修正などの報告

シンガポールのナイトライフの拠点。SF映画のような光景の中で、食べて飲んで遊ぼう!

こんにちは、シンガポールナビです。今日はシンガポール最大の夜遊びスポット、クラーク・キーについてご紹介します。シンガポール川の周辺に、レストランやバー、クラブやカフェが並ぶこの地帯は、まるでSF映画のような景色。ライトで色が変わる巨大な屋根に覆われたストリートや、UFOのような形のオープンテラスが並ぶレストランは、日常を忘れさせてくれます。あらゆる人種の人々が集うクラーク・キーで食事やお酒を楽しんでいると、シンガポールが国際都市であることをより強く実感しますよ。川を渡る夜風が涼しいことも魅力です。

昼と夜でまったく異なる顔を見せるクラーク・キー

クラーク・キーの姿は、昼と夜とではまったく違って見えます。昼にMRTクラーク・キー駅を降りてプロムナードに出ると、シンガポール川の対岸にはパステルカラーのショップハウスが連なっています。まるでお伽噺のお菓子の家が並んでいるみたい。そのままリード橋を渡ってリード・ストリートに出ると、一部レストランは開店しているものの、かなり閑散としています。昼間は街全体が眠っているかのようなクラーク・キーです。
昼間のクラーク・キー

昼間のクラーク・キー

のんびりしたリード橋

のんびりしたリード橋

閑散とした昼間のリード・ストリート

閑散とした昼間のリード・ストリート

しかし夜になると、その光景は一変します。プロムナードから対岸を見るとネオンの明かりが輝き、リード橋からリバーサイド・ポイントを見ると大勢のお客さんが夜風に吹かれながら食事をしています。リード・ストリートを覆う巨大な屋根は刻々と色を変化させ、SF映画に出てくる宇宙要塞のよう。夜がふけるほど多くのお客さんが繰り出し、熱気はどんどん増していきます。クラーク・キーは夜に訪れてこそ、その真の姿が見られるスポットなのです。
ネオンが輝く夜のクラーク・キー

ネオンが輝く夜のクラーク・キー

リード橋から見たリバーサイドポイント

リード橋から見たリバーサイドポイント

刻々と色を変える巨大な屋根

刻々と色を変える巨大な屋根

UFOに乗った気分! 川沿いのレストランやバーで楽しもう

リード橋を渡って右に曲がると、川に沿ってノース・ボート・キーの小道が伸びています。ここはレストランやバーが集中するゾーン。各店舗は屋外に、UFOのような屋根で覆ったオープンテラス席を設けています。川を渡る夜風に吹かれながら、UFOに乗った気分で楽しむ食事はエキサイティング。スペイン料理のバー「オクタパス」、赤い提灯が印象的な中国料理の「胡同」、西洋料理の「ウェアハウス・ビストロ」など、各国の料理が楽しめます。
UFOのような屋根に覆われたオープンテラス席

UFOのような屋根に覆われたオープンテラス席

川沿いに円盤の屋根が並ぶノース・ボート・キーの小道

川沿いに円盤の屋根が並ぶノース・ボート・キーの小道

勇気のある人、乗ってみて! ジーマックス・リバース・バンジー

ノース・ボート・キーを奥へ歩くと、ライトアップされた鉄骨が夜空に浮かび上がっています。これはアトラクション施設「ジーマックス・リバース・バンジー」。鉄骨には3人まで乗れる鉄製の椅子が繋がれていて、時速200kmのスピードで、上空60mの位置まで投げ出されるのです! いわゆる「逆バンジー」ですが、空中をびよんびよんと上下する椅子を見ていると、「一杯ひっかけてからでないと、とても乗れない...」と思ってしまいます。度胸のある方はぜひチャレンジしてみて! 隣にはフリーフォールと空中ブランコの要素を併せ持った、エクストリーム・スイングもあります。
発進前にはドライアイスの煙を噴射

発進前にはドライアイスの煙を噴射

時速200kmのスピードで一気に上昇!

時速200kmのスピードで一気に上昇!

地上へ戻ってきた逆バンジーの椅子

地上へ戻ってきた逆バンジーの椅子

次々に色が変化するリード・ストリート

クラーク・キーの真ん中を突っ切るリード・ストリートは、いつも大勢のお客さんで賑わいます。この通り全体を覆う、クラゲのような巨大屋根は、青・紫・黄色に変化して、まるで生き物みたい。リード・ストリートとクラーク・ストリートとの交差点には、地面から水柱が立ち上がる噴水があります。この噴水も、青・黄色・赤に変化してとても鮮やか。酔った勢いで(?)、水浴びしながらはしゃいでいる人を見ることもあります。刻々と移ろう光のショーを、ぜひお楽しみください。
黄色い光で覆われたリード・ストリートの屋根

黄色い光で覆われたリード・ストリートの屋根

輝く屋根が紫色に変化

輝く屋根が紫色に変化

リード・ストリートの噴水。青い水。

リード・ストリートの噴水。青い水。

黄色い光の水柱に変化。

黄色い光の水柱に変化。

赤く変化した噴水。信号みたい。

赤く変化した噴水。信号みたい。

リード・ストリートには世界各国の料理が楽しめるレストランや、ユニークなバーが並んでいます。ブラジル料理の「セニョール・サントス」、ペルシャ料理の「シラーズ」、スコッチ・ウイスキーが楽しめるバー「ハイランダー」、病院をコンセプトにしたバー「クリニーク」など、個性的なお店が勢揃い。ライブ演奏を行うバーもあって、それはそれはにぎやかです。好みのお店を探してみて!
ハイランダー

ハイランダー

セニョール・サントス

セニョール・サントス

クリニーク

クリニーク

まだまだある、話題のクラブやレストラン

世界中から来た人々がナイトライフを楽しむクラーク・キーには、まだまだ活気あふれるクラブやおいしいレストランがいっぱい。リード橋を渡って左に曲がると、シックなクラブ「アッティカ」があります。エレガントな内装のこのクラブは、主に欧米系の人々に人気。一方、リード・ストリートを直進して右に曲がると、カニング・レーン沿いに大規模なクラブ「ジルカ」があります。ここは若いシンガポーリアンに人気があり、ビートと光の奔流で、いつもフロア中が熱気に包まれています。グルメ派の人々には、アッティカと同じ道沿いにあるエスニック料理のレストラン「インドシン(ザ・フォビドゥン・シティ)」をオススメ。高級感あふれる内装のレストランで、南国ならではのモダン・チャイニーズフードを楽しめます。元気のよい話題のクラブから、落ち着いた雰囲気の高級レストランまで、幅広く楽しめるのがクラーク・キーの魅力です。
アッティカ

アッティカ

ジルカ

ジルカ

インドシン

インドシン

帰りはリバー・バレー・ロードからタクシーで

クラーク・キーで終電がなくなるほど遅くまで夜遊びしたら、タクシーで帰りましょう。リード・ストリートを北へ直進すると、リバー・バレー・ロードとぶつかるところにタクシー乗り場があります。週末の夜などはずらりと行列が出来ていますが、ひっきりなしにタクシーがやってくるので大丈夫。ときどき福建語風の発音の英語しか通じない運転手もいるので、ホテルの名前と住所が書かれた紙を見せればなお安心です。
リード・ストリートを北上してタクシー乗り場へ

リード・ストリートを北上してタクシー乗り場へ

リバー・バレー・ロードに面したタクシー乗り場

リバー・バレー・ロードに面したタクシー乗り場


週末の夜の予定を尋ねると、「もちろんCQで飲んでるよ!」という回答する人が多いくらい、シンガポールの夜遊びスポットとして定着しているクラーク・キー。常夏の国のにぎやかなナイトライフを楽しんでくださいね。以上、シンガポールナビでした。
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

記事登録日:2011-04-28

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-04-07

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

夜のシンガポールを満喫!シンガポール夜景ツアー(選択:シンガポールフライヤー乗車)

夜のシンガポールを満喫!シンガポール夜景ツアー(選択:シンガポールフライヤー乗車)

シンガポールフライヤーから150メートル下界に広がる街の夜景、リバーボートクルーズから眺めるリバーサイドの夜景ざんまい

リード・ストリート

リード・ストリート

ナイトライフの拠点、クラーク・キーのメインストリート。色が変化する巨大な屋根の下で夜遊び。