ブレア・ロードのプラナカン建築群

Blair Rd.

閉店・移転、情報の修正などの報告

華やかなプラナカン建築群が今日も息づいている通り。まるで昔のシンガポールにタイムスリップしたような、不思議なたたずまいに満ちたエリア。

photo

チャイナタウン近くの、プラナカン様式の建築物が今も多く残るエリア。15世紀後半からマレーシアやシンガポールにやってきた中国人移民たちは、現地の女性と結婚して「プラナカン」と呼ばれるようになりました。中国やマレーの文化とヨーロッパの文化をミックスさせ、独自のライフスタイルを作り上げた彼らは、建築にもそのセンスを発揮。明るいパステルカラーと繊細な装飾で彩られた建築物は、「ショップハウス」と呼ばれて今も親しまれています。このエリアには裕福なプラナカンが多く住んでいたため、ひときわ見事な装飾の建物がいっぱい。壁のレリーフや玄関のタイルのひとつひとつを見ているだけで、往時のプラナカンたちの華やかな暮らしぶりが目に浮かびます。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2010-07-15

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

華麗なるプラナカン文化に触れてみよう

華麗なるプラナカン文化に触れてみよう

東洋と西洋のスタイルを取り入れた、美しい伝統文化を訪ねてみませんか?