スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

庶民が愛するシンガポールのローカルフード5

シンガポールに来たらぜひ食べてみて! 5つの国民的ローカルフードをご紹介!

こんにちは、シンガポールナビです。本日はシンガポールに来たらぜひ味わってほしい、国民的ローカルフードをご紹介します。フードコートやホーカーズで手軽に食べられる庶民の味は、時間が限られた旅行中に重宝するはずです!

1.バクテー(肉骨茶)

「肉骨茶」という迫力満点の漢字名を持つこの料理は、シンガポールのローカルフードの代表格。豚肉のスペアリブを、ニンニクやスパイスとともに煮込んだ料理です。長時間煮込まれたスープは旨味に溢れ、口の中でホロホロくずれるお肉はたまらないおいしさ。ほどよく効いた胡椒も食欲をそそります。コクがあるのにさっぱりしている、何とも不思議な魅力を持った味です。

バクテーは白いご飯や揚げパンを注文して、一緒に食べるのが一般的。スープの中の独特のスパイスが食欲をそそるため、ご飯や揚げパンを食べるペースもどんどん進みます。スープがなくなるとお代わりを注いでくれるお店もありますので、店員さんに手を挙げて頼んでみましょう。バクテーを食べるときの飲み物は、中国茶が良く合います。
スープの旨味と口の中で崩れるお肉が絶品のバクテー

スープの旨味と口の中で崩れるお肉が絶品のバクテー

こちらのバクテーは骨まで食べられるやわらかさ

こちらのバクテーは骨まで食べられるやわらかさ

左の揚げパンや白いご飯と食べるとさらにおいしい。

左の揚げパンや白いご飯と食べるとさらにおいしい。

フードコートで次々にお椀に注いでくれるバクテー

フードコートで次々にお椀に注いでくれるバクテー

2.チキンライス

シンガポールのローカルフードといえばまずこれを思い浮かべる人も多い、国民的料理。中国の海南地方の出身者たちがもたらしたと言われており、漢字名は「海南鶏飯」と書きます。日本でチキンライスといえば、ケチャップ味のご飯に細切れの鶏肉を混ぜものを思い浮かべますが、シンガポールのそれはまったく別物。鶏肉を茹でた後で、そのダシのスープでご飯を炊き、ぶつ切りにしたチキンを添えたものがシンガポールの定番です。別のお椀で、スープも一緒に出してくれますよ。

鶏の旨味がしみこんだご飯は、あっさりしていて上品なおいしさ。やわらかな食感のチキンとの取り合わせが絶品です。小皿で出してくれるチリソースをかけて食べると、刺激が加わってまた独特の風味になるので、ぜひお試しあれ。ホーカーズの有名店などでは、チキンが無くなりしだい閉店になるところもあるので、早めの時間に食べることをオススメします。
シンガポールの国民的メニュー・チキンライス

シンガポールの国民的メニュー・チキンライス

鶏のダシのスープとチリソースも付けてくれます。

鶏のダシのスープとチリソースも付けてくれます。

3.フライド・ホッケン・ミー

シンガポールのローカルフードの中で日本人の味覚に最もマッチすると言われるのが、このフライド・ホッケン・ミー。中国の福建地方の出身者たちが作った福建式の海鮮焼きそばで、漢字名は「炒福建面」です。塩味のダシで、エビやイカやモヤシとともに麺を炒めており、さっぱりした味わい。麺は黄色の太麺(ホッケン・ミー)とビーフンを合わせたもので、いくらでも食べられます。

通常、フライド・ホッケン・ミーにはライムとチリサンバルが付いてきます。少し汁気が多めの麺の上にライムをしぼり、チリサンバルを混ぜながら食べると、さらに深い味。柑橘系の爽やかな香りと、海産物が取り合わせが絶妙です。バナナの葉っぱで作られたお皿の上に、フライド・ホッケン・ミーを盛りつけてくれる店もあります。
バナナの葉の皿に載ったフライド・ホッケン・ミー

バナナの葉の皿に載ったフライド・ホッケン・ミー

麺の中にはエビやイカがたっぷり入っています。

麺の中にはエビやイカがたっぷり入っています。

4.ラクサ

シンガポールおよびマレー半島で一般的な麺料理。中国南部の料理とマレー半島の料理をミックスして生まれた、ニョニャ料理(プラナカン料理)の代表的メニューです。ココナッツミルクをベースにしたスープの中に、太めのビーフンとエビ、貝類、揚げ豆腐などの具が入っています。チリが効いているためややスパイシーですが、ココナッツミルクがたっぷり使われているため、全体的にはマイルドな味わい。濃厚なスープと、もっちりした食感のビーフンが良く合います。
ココナッツミルクがべースのラクサ。マイルドな味。

ココナッツミルクがべースのラクサ。マイルドな味。

濃厚なスープともちもちしたビーフンがマッチします。

濃厚なスープともちもちしたビーフンがマッチします。

また、マレーシアのペナン発祥の「ペナン・ラクサ」もあちこちで味わえます。こちらはココナッツミルク・ベースの濃厚なラクサと違って、酸味が効いてすっきりした味。魚のダシにトウガラシやタマリンドの入った、ピリ辛のスープが特徴です。食べた瞬間は辛さを強く感じますが、食べているうちにすっぱさが爽快感に変わってくるような、クセになる味わいです。
酸味が効いてさっぱりした味わいのペナン・ラクサ

酸味が効いてさっぱりした味わいのペナン・ラクサ

絶妙な辛みとすっぱさが、麺にからんでおいしい。

絶妙な辛みとすっぱさが、麺にからんでおいしい。

5.カヤトースト

シンガポールの朝食やおやつとして、定番的なメニュー。カリカリに焼いた薄いパンに、カヤジャムとスライスチーズのような厚さのバターをたっぷり挟んであります。カヤジャムは、卵とココナッツミルクおよびパンダンリーフ(香り付けの葉)と砂糖から作られたもの。濃厚な甘い味がやみつきになります。このジャムは、カヤトーストを出すカフェやスーパーでも販売されています。

カヤトーストは、半熟卵が付いてくるセットメニューで味わうのが一般的です。卵はそのまま食べても良いのですが、ローカルはカヤトーストに半熟卵を塗って食べることが多いのです。他にセットメニューについてくるのは、練乳入りの甘いコーヒー「コピ」。濃厚な味のカヤトーストを、さらにこってりしたコピとともに味わうのが、シンガポール流です。
カリカリに焼いた焦げ目が香ばしいカヤトースト

カリカリに焼いた焦げ目が香ばしいカヤトースト

カヤトースト、半熟卵、コピのセット

カヤトースト、半熟卵、コピのセット

6.ついでにドリンクも…

シンガポールのフードコートやホーカーズで食事をするときに、欠かせないのがフルーツ搾った生ジュース。ドリンクコーナーには南国らしい鮮やかなフルーツが並べられており、注文するとそれらをジューサーにかけてあっという間に新鮮なジュースを作ってくれます。人気があるのはシュガーケイン・ジュースやウォーターメロン・ジュース、マンゴー・ジュースなど。サトウキビを搾って作ったシュガーケイン・ジュースは、常夏の暑さを吹き飛ばすようなさわやかな味わい。すっきりした飲み心地は、あらゆる料理との相性も抜群です。ぜひ一度お試しください。
さわやかな味わいのシュガーケイン・ジュース

さわやかな味わいのシュガーケイン・ジュース

スイカの赤がきれいなウォーターメロン・ジュース

スイカの赤がきれいなウォーターメロン・ジュース


シンガポールのローカルフードは、価格がお手頃なことも大きな魅力。フードコートやホーカーズでは、これらのメニューが5ドルほどでお腹いっぱい食べられます。まれに混雑時のホーカーズでは、高額紙幣を出すとお釣りが足りないと言われることがあるので、少額の紙幣や硬貨を用意してから食べに行ってくださいね。以上、シンガポールナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-10-26

ページTOPへ▲

関連記事

シンガポールのフードコート特集!

シンガポールのフードコート特集!

快適な空間で名物料理を手軽に食べられる!シンガポールに来たらぜひ足を運んでほしいフードコートをご案内。

トースト・ボックス(ウィスマ・アトリア B1)

トースト・ボックス(ウィスマ・アトリア B1)

ウィスマ・アトリアの地下にある、カヤ・トーストのチェーン店。朝早くから営業しているのが嬉しい!

ホーカーズやフードコートで食べられる『第二グループ』の人気ローカルメニュー

ホーカーズやフードコートで食べられる『第二グループ』の人気ローカルメニュー

チキンライスやラクサだけじゃない!シンガポーリアンが大好きなローカルメニューはこれ!

その他の記事を見る