ブギスからマーライオンまでシティを歩いてみよう

ブギスからシティを通ってリバーサイドへ、シティを縦断してマーライオンを目指して歩いてみよう!

こんにちは、シンガポールナビです。シンガポール観光で、まず行ってみたいところといえば、もちろんマーライオン!シンガポールの象徴マーライオンは、シンガポール旅行でまず行っておきたいもの。なんでもあまりにも小さくて、世界3大がっかりの1つといわれているとか。やっぱり自分もがっかりしたい!ということで今日はホテルのあるブギスから地図を片手に、そのマーライオンを目指して、歩いてみることにしました。果たしてどのくらいかかるのか?さっそく出発です。

ブギス-マーライオン(前半)

ブギス-マーライオン(後半)

ベンクーレン・ストリート->ミドル・ロード

9時30分、ブギスにあるイビスホテルを出発。あいにく外は雨。まずはホテルを出て左へ、ベンクーレン・ストリートを南に進みます。目の前にバス停がありました。
ミドル・ロードへぶつかったら左へ。こんどは東南へ進みます。さっそく、シンガポールらしい?建物が見えてきました。雨も上がって、日が差してきました。

ビクトリア・ストリート->ブラス・バザー・ロード

次にぶつかったのがビクトリア・ストリート。シンガポールのメイン通りです。右に曲がって、びくとありあ・ストリートを南へ向かいます。小さなホーカーズや、教会があります。
9時40分、ブラス・バザー・ロードに到着。向かい側に見えるのはチャイムス。こちらは昔の修道院を改装したスポットだそう。早くもシティの入口までやってきたようです。ここで左に曲がり、ブラス・バザー・ロードを進みます。
チャイムス

チャイムス

グッド・シェパード教会

グッド・シェパード教会

9時45分、ラッフルズシティの入口に到着。これも有名なショッピングセンター。そしてその向かいに見えるのが、あの有名なラッフルズホテル!ただし裏側のよう。ラッフルズホテルを左手にながめながら進みます。
ラッフルズ・シティ

ラッフルズ・シティ

ラッフルズ・ホテル(裏手)

ラッフルズ・ホテル(裏手)

ラッフルズホテルを横から。

ラッフルズホテルを横から。

ラッフルズホテルを横から。

ラッフルズホテルを横から。

ラッフルズホテルの向かいにあるフェアモントホテル。

ラッフルズホテルの向かいにあるフェアモントホテル。

ビーチロード

9時50分、次の大通り、ビーチロードに面すると、向こう側に巨大な塔が見えてきました。戦争記念公園のようです。こんどは、その塔を左手に見ながら、ビーチロードを南へ進みます。
左手にすごい建物が。3つのビルの上がつながってる?

左手にすごい建物が。3つのビルの上がつながってる?

あれ、船が道の上を走っている?

あれ、船が道の上を走っている?

道は緩やかに右に曲がってますが、そのまま道なりに進みます。右手の林の中にあるのは聖アンドリュース大聖堂。木々の中に真っ白な教会が見えます。
右手にシティーホールの古い建物をみながら進みます。

右手にシティーホールの古い建物をみながら進みます。

パタン広場、このときはサッカー場に?

パタン広場、このときはサッカー場に?

左手にある古そうな建物は、シンガポール・クリケット・クラブ。さすがイギリス領。

左手にある古そうな建物は、シンガポール・クリケット・クラブ。さすがイギリス領。

そして目の前にあらわれたのは光景は、ザ・シンガポール!巨大なビル群が目の前に!

ハイ・ストリート->フルトン・ロード

10時10分。目の前に歴史的な建物が立ち並ぶ一角やってきました。地図によると、右手の建物は国会議事堂、正面は旧国会議事堂で現在はアートハウス。
アート・ハウス

アート・ハウス

右手、国会議事堂。

右手、国会議事堂。

ハイストリートにぶつかったら、道を渡って、左へ進みます。
ブギスからマーライオンまでシティを歩いてみよう たぶん歩道の案内。

たぶん歩道の案内。

左にあるのがクリケットクラブ、右にあるあるややグレイの建物がビクトリア・シアター・コンサートホール。
左手にあるクリケットクラブ

左手にあるクリケットクラブ

右手にあるビクトリア・ホール。

右手にあるビクトリア・ホール。

ホールの前の銅像にはひとだかりが。有名な銅像かも。

ホールの前の銅像にはひとだかりが。有名な銅像かも。

さらに進むと右手にお屋敷のような大きな建物が。アジア文明博物館です。シンガポール川も見えてきました。
アジア文明博物館を右手に見ながら、アンダーソン橋に向かいます。
10時15分、アンダーソン橋を通って、シンガポール川を渡ります。

シンガポール川沿い->マーライオン公園

渡ると大きな道にぶつかります。ニコル・ハイウェイです。ここで少し迷います。マーライオンの方向はわかるけど、行き方がわからない。道を渡ってもいけそうだけれど・・・でもこのあたりまで来ると、ガイドブックを片手にうろうろする人が。見ると、みんな川の方に降りていくので、そちらに向かいます。
トイレもあるようです。ここでトイレタイム!
川を左手に見ながら、川沿いの道を歩きます。もうすでに観光客でいっぱい!あきらかにマーライオンはもうすぐ。橋のたもとにはスタバがありました。
シンガポール川。

シンガポール川。

スタバ。

スタバ。

いよいよ正面にマーライオンが見えてきました。あれ、ちょっと小さい?期待通りがっかり!でもこれは裏にあるミニマーライオンのよう。
そして、ようやく本家マーライオン!まず後ろからそのお姿を拝見。向こうにはさっきも見えたあの巨大なビルが見えます。
10時25分、無事マーライオン正面に到着、これぞまた、ザ・シンガポールの観光風景!ちょうどブギスのホテルから約1時間で到着しました。
いかがでしたか?ブギスのホテルからマーライオンまで。シティの建物や風景を眺めながら、マーライオンまで、約1時間の旅。車やバスでまわってしまうのもいいけれど、歩いてまわると、また街のいろんな魅力が見えてきます。皆さんもホテルからとりあえずマーライオンを目指して歩いてみてくださいね。以上、シンガポールナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-12-11

ページTOPへ▲

その他の記事を見る