リトルインディアを歩いてみよう 

リトルインディアを南から北へゆっくり歩いてみました!

こんにちは、シンガポールナビです。シンガポールの見どころの一つといえば、リトルインディア。Serangoon Roadを中心に広がるこのエリアは、インドの香りあふれるエキゾチックなエリア。ちょっと裏道にも入りつつ、リトルインディアを南から北へぶらりと歩いてきました!

まずはMRTリトルインディア駅を出発

リトルインディア・アーケード

リトルインディア・アーケード

リトルインディア駅で下車して、まずは、駅付近のリトルインディア・アーケードとテッカ・センターの間の Serangoon Road から Buffalo Road にはいります。
テッカ・センターからBuffalo Roadへ入ります。 テッカ・センターからBuffalo Roadへ入ります。 テッカ・センターからBuffalo Roadへ入ります。

テッカ・センターからBuffalo Roadへ入ります。

左手にテッカ・センターを見ながらゆっくり Buffalo Road を歩くと、カラフルなサリーを取り扱うお店や、ゴールドの商品で光り輝くお店が並びます。クリスマスは終わっているのに、「Merry Christmas」の飾りがかかっているところもあり、なかなかスローな感じで和みます。
Buffalo Road Buffalo Road

Buffalo Road

キラキラ輝いています。 キラキラ輝いています。

キラキラ輝いています。

この道を進むと、野菜がてんこ盛りにされているお店がいっぱい。サリーやパンジャビドレスを着た人たちが野菜の選別に夢中。日本ではあまり見かけない野菜もあって見ているだけでも楽しいんですよ。
なにやら、日常が垣間見れる瞬間。 なにやら、日常が垣間見れる瞬間。 なにやら、日常が垣間見れる瞬間。

なにやら、日常が垣間見れる瞬間。

生活必需品が揃います。 生活必需品が揃います。 生活必需品が揃います。

生活必需品が揃います。

Buffalo Roadを通り、Belilios Laneからスリ・ヴィラマカリアマン寺院へ

Buffalo Road  から Belilios Lane へ向かう途中、カラフルな建物が目の前に。色使いがとても大胆、それでも調和が取れた感じがするのですが、いかがでしょう?ちょうどこのカラフルな建物の前には、大型テレビでなにやらインドのドラマか映画が見れるらしく、インド系の人たちが楽しそうに見入ってます。
Belilios Laneは短い距離ながらレストランあり、小さなショップが並んでいたり。
Belilios Laneのそばにはこんな空間が。

Belilios Laneのそばにはこんな空間が。

通りはこの通り短い距離。

通りはこの通り短い距離。

Belilios Laneの突き当たりには、いよいよ見えてきました!あの、寺院が!

Belilios Laneの突き当たりには、いよいよ見えてきました!あの、寺院が!

そのまま北上すると、目の前に見えてきました!スリ・ヴィラマカリアマン寺院が。この日もお祈りに来る人がいたり、観光客がいたりと、いつもの通りの混雑具合。カメラを片手に持ったナビにも、「中に入って写真とって!」と話しかけてくるおじさんがいたりと、なかなか気さくムードが漂います。
やっぱり、スリ・ヴィラマカリアマン寺院は見逃してはいけない観光スポット。 やっぱり、スリ・ヴィラマカリアマン寺院は見逃してはいけない観光スポット。

やっぱり、スリ・ヴィラマカリアマン寺院は見逃してはいけない観光スポット。

Veerasamay Roadをぶらりと、Kg Kapor Roadへ。

スリ・ヴィラマカリアマン寺院の向かいにある Veerasamay Road へそのまま入り、ちょっとぶらりと歩いてみることにしました。両側にあるショップハウスには小さなお店や会社がならび、ここは観光客の数もぐっと少なくなるけど、大通りの喧騒から一歩外れ、また違った雰囲気が楽しめます。

Veerasamay Road

交差点まで来ました。

交差点まで来ました。

ちょうど、Kg Kapor Road との交差点で北へ、そのまま Kg Kapor Road に入り、ぶらぶらと歩くと、なにやら人の数や、インド料理のお店が増えてきましたよ。それでも裏通りを見ればなんともいえない雰囲気が漂っていて、カメラが好きな人はついつい取りたくなるようなスポットがあるんです。

ついに、ムスタファまで

北へ進めば進むほど人ごみのすごさ、そうです!ムスタファまで来てしまいました!24時間オープンの観光客にはありがたいお店。観光客だけではなく、もちろんインド系市民の強い見方でもあります。ひっきりなしにクラクションがなり、車が通り抜け、ものともせずに横切ろうとする人たち。これぞリトルインディアですよね!
ムスタファ周辺はいつも混雑。パワー全開でアツいです。 ムスタファ周辺はいつも混雑。パワー全開でアツいです。 ムスタファ周辺はいつも混雑。パワー全開でアツいです。

ムスタファ周辺はいつも混雑。パワー全開でアツいです。

再びSerangoon Road、シティスクエアモールを抜けさらに北へ

さてさて、ムスタファを右手に歩いてきたら、再び Serangoon Road へ出てきました!Serangoon Road を北へ進むと、シティ・スクエア・モールが。ここでちょっと疲れた足を休めて。City Green でちょっと疲れを癒します。
シティ・スクエア・モール

シティ・スクエア・モール

ファーラー・パーク駅

ファーラー・パーク駅

スリ・ヴィラマカリアマン寺院の後は、Race Course Roadへ。

シティ・スクエア・モールで疲れを癒したら、MRTファーラー・パーク駅を越え、スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院へ。ここもスリ・ヴィラマカリアマン寺院と同じくヒンドゥー教の寺院ですが、こっちのほうが寺院内も広め。寺院内をじっくり見たあとは、再び通りを北上することに。
この寺院からさらに北上、すると見えてきました。ガソリンスタンドの先に信号が。
さらにSerangoon Roadを北上します。 さらにSerangoon Roadを北上します。

さらにSerangoon Roadを北上します。

この信号のある交差点で左を見ると、「龍山寺」の看板が。そうです。ここからRace Course Roadへ抜けられ目の前には龍山寺が!その向かいにはシャカムニ・ブッダガヤ寺院もあり、リトルインディアにいながら道教のお寺や、タイの寺院までもあるとは、さすが多民族、多文化、多宗教国家のシンガポールならではですよね!
龍山寺

龍山寺

シャカムニ・ブッタガヤ寺院

シャカムニ・ブッタガヤ寺院

再び来た道、Serangoon Roadへ。スリ・バダパティラ・カリアマン寺院に到着!

Serangoon Roadへ戻ります。

Serangoon Roadへ戻ります。

さて、道教のお寺と、タイの寺院を楽しんだ後は、再び来た道を戻ります。「リトルインディアを歩いてみよう」もそろそろゴールが見えてきました。すでに観光客もいなくなりつつあるこの Serangoon Road をもう少し北へ行くと、見えてきました、スリ・バダパティラ・カリアマン寺院。この寺院のガネーシャなど見ているだけでもかなりの迫力、圧倒されるほど。同じヒンドゥー教の寺院でもこんなに違うのか、って思うほど色鮮やかでとても華やか。おまけに観光客の姿もほとんどなく、神聖な雰囲気が漂います。
ここで、今回の「リトルインディアを歩いてみよう」も終了~!!!数件の寺院を見たからか、心穏やかにリトルインディアを見てまわることができました。たくさん歩いたけど、ショッピングセンターで休めたし、意外にものんびりと見て回ることが出来ました~。以上、シンガポールナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2011-01-28

ページTOPへ▲

その他の記事を見る