シンガポールの物価事情!

シンガポールの物価は高い?安い?シンガポールの物価を徹底調査してみました!

こんにちは、シンガポールナビです。
旅行計画で気になるのがフライト料金や、ホテル代、それに旅先での物価でしょうか?「アジア旅行=安い!お得!」とイメージしている人もたくさんおられると思いますが、シンガポールはその期待を裏切ってしまうかもしれません。シンガポールでは経済成長が著しく、同時に物価の上昇も続いています。今回はシンガポール旅行中に現地で必要な費用のモノの値段をいろいろ調べてみました!



シンガポールの物価基礎知識

<ホテル>
マリーナやオーチャードにある5つ星クラスのホテルは、周辺諸国の同クラスのホテルと比べてもかなり高めです。最近はリトルインディアやチャイナタウン、MRTの駅からやや離れたところにブティックホテルなど小さめでややお手軽なホテルも出来ています。マリーナやオーチャードなどの観光メジャーエリアにこだわらなければ、出費を抑えることができます。




<食事>
レストランでの食事は、日本のレストランでの食事に比べたらやや割高感があるところも。アルコールが日本よりも高めで、サービス税(10%)とGST(7%)が加算されることも割高感を感じる原因かもしれませんね。レストランでお得に食事するならランチセットメニューなどの利用がお勧めです。
一方でB級グルメファンに根強い人気のホーカーやフードコートでの食事は気軽に食べられる値段です。徐々に値上げされているとはいえ、チキンライスも3~4ドルで食べられるところが多いのでローカルフードをこよなく愛する人にはぜひチャレンジしてほしいですね!初めての人でも躊躇なく挑戦できる値段設定ですよ!




<交通>
公共交通機関が発達しているシンガポール、お手軽価格で気軽に乗れます。バスやMRTの初乗り運賃は1ドル以下。公共交通機関の車内は安全で、誰でも簡単に乗れるようになっているので、ぜひ乗りこなしてみてください。
シンガポールのタクシー運賃は徐々に値上げされていますが、日本のタクシーと比べるとまだまだ割安。ただし、深夜やピーク時に利用すると割増料金が発生するのでご注意くださいね。




<買い物>
シンガポールではGSTと呼ばれる7%の税金(内税)がかけられています。円安傾向もあり、ショッピングセンターで購入できるブランドの洋服や靴、バッグ、日用品などは日本と同じくらいの値段の感覚ですが、一定の金額のお買いものをすると税金の還元が受けられるのでお得になるかもしれません!旅行前に一度日本の値段をチェックしてからシンガポールでお買いものしてみる方がよさそうですね!



シンガポールの物価一覧

※価格は2014年3月現在のレートで記載しています。(S$1≒80円)

★交通費 
〇タクシー初乗り S$3.00≒240円
〇バス初乗り(エアコン有り) S$0.73≒58円
〇MRT初乗り(スタンダードチケット) S$1.10≒88円

★郵便
〇日本へ航空小包を送る(1kg) S$42.60≒3408円
〇日本へポストカードを送る(航空便) S$0.50≒40円
〇日本へ手紙を送る(航空便) S$1.10≒88円



★食べ物&飲み物
〇マクドナルドのビックマック S$5.25≒420円
〇スターバックスのラテ(トール) S$5.50≒440円
〇ペットボトルの水(600ml) S$0.50≒40円
〇缶コーラ(500ml、スーパーで購入) S$1.25≒100円
〇缶ビール(330ml、スーパーで購入) S$2.70≒216円
〇ホーカーのチキンライス S$3.50≒280円
〇ホーカーのローカルコーヒー S$1.00≒80円
〇レストランでランチセットメニュー S$35.00~≒2800円~
〇パブでビールを飲む S$12.00~≒960円~

★その他
〇タバコ(一箱、マルボロ赤) S$12.90≒1032円
〇映画 S$8.50≒680円
〇新聞 S$0.90≒72円
〇ポストカード S$0.50≒40円
〇虫よけスプレー S$9.00~≒720円~
〇日焼け止め(50ml) S$15.00~≒1200円~
〇絆創膏(10枚) S$0.70≒56円
〇折りたたみ傘 S$6.00~≒480円~



★主な観光スポット
〇シンガポール動物園 S$28.00≒2240円
〇リバーサファリ S$25.00≒2000円
〇ナイトサファリ S$39.00≒3120円
〇マリーナ・ベイ・サンズの空中庭園 S$22.00≒1760円
〇ユニバーサル・スタジオ・シンガポール S$74.00≒5920円
〇ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ S$12.00~20.00≒960~1600円
〇シンガポールフライヤー S$33.00≒2640円

*入場券をオンラインで購入すると割引になるところや、シンガポール航空の搭乗券の半券を入場料購入時に提示すれば割引になるところもあります。

注意点

*値段は取材時(2014年3月)のものです。為替や物価の変動で異なることがあります。
*商品の値段はメーカーや取り扱っている店舗によって異なることがあります。
*レストランや、ホーカーの食事の値段はあくまで目安です。立地やお店によって値段が異なります。



いかがでしたか?物価が高いと言われるシンガポールですが、工夫次第で出費を抑えて旅行を楽しむことができます。また日頃のご褒美を兼ねて、思いっきり贅沢する旅も実現可能です!ご自身の予算に合わせた旅を実現してくださいね。以上、シンガポールナビでした!



上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-03-25

ページTOPへ▲

その他の記事を見る