スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

シンガポールで映画を観よう!

シンガポールの映画事情!アジアやハリウッドなどのお馴染みの映画から、インドやベトナムなどの東南アジアならではの映画まで!国際色豊かな国ならではの映画事情をお伝えします!


こんにちわ!シンガポールナビです。東南アジア諸国に属しているシンガポールですが、実際はイギリスに植民地化されていたり、公用語が英語であったりと、欧米の影響力も少なからず受けているのは事実です。もちろん、それはエンターテイメントにいたっても、同じ!実は、シンガポールでは数多くのアジア映画とハリウッド映画が見れるのをご存じですか?有名な映画だけでなく、インド映画などのマイナー映画をみることだって可能なんです!今回は、シンガポールの映画事情をお伝えいたします!

シンガポール映画事情


①台湾、香港ムービーとハリウッドムービーが主な人気映画!
シンガポールの映画館で公開されるほとんどの映画が、台湾や香港から来たアジア映画、そしてハリウッドなどの欧米からきた映画がほぼ占めています。特に台湾映画や香港映画は、日本で公開されるよりもより早くシンガポールで公開されたりされます!ハリウッド映画に関しても、ほぼ現地と同時期に公開されたりするので、いち早く最新映画情報をGetできます!

②もちろん日本の映画も見ることが可能!
時期によっては、日本の映画を見ることも可能!最近では、続々と多くの日本映画が公開されています!もちろん音声は日本語です!字幕は英語付きとなっているので、英語の勉強にも役立つかもしれません!

③インド映画などのマイナー映画も見ることができます!
リトルインディアにある映画館では、インド映画を見ることもできます。インド人に囲まれてみるインド映画もまたエキゾチックあふれる雰囲気となるかもしれません。音声言語は、タミル語、字幕にはもちろん英語がついています!

シンガポール映画ってどんなもの!?


あまり聞いたことがない!そもそもシンガポールで映画なんて撮影されてるの!?と思ってしまいます。がもちろんシンガポール映画もちゃんと健在です!なんといっても、シンガポール人はかなりの映画好き!国立博物館の外で野外映画鑑賞が行われたりするので、国民はかなりの映画ファンなのではないのでしょうか?
ただ有名な作品をみてもほとんどが中華系シンガポール人が主演の映画となっています。コメディ映画やホラー映画が主ですが、舞台のほとんどが有名な観光地で撮影されているため、シンガポールに旅行にいったことがある人なら、見たことがある景色がみれるかもしれません。また内容もシンガポール文化に沿ったお話となっているので、シンガポール文化を学ぶにはぴったりの教材かもしれません!
☆おススメコメディ映画☆
「881 歌えパパイヤ!」
シンガポールの公共団地なら、必ず設置されている公演会やイベントに使われている舞台!ここで毎年10月頃に行われる国民的歌謡ショーのイベントにまつわるお話です!本当に10月頃になるといろんな場所から、歌やダンスの音が流れてきます!!シンガポール人の生活や雰囲気を感じることができるのでおすすめです。また出演者のコスプレや衣装にも注目です!!
【ストーリー】
リトルパパイヤ(ミンディー・オン)とビッグパパイヤ(ヤオ・ヤンヤン)は、シンガポールの国民的歌謡ショー“ゲータイ(歌台)”の歌手になるのが夢。パパイヤ・シスターズを結成した2人は“ゲータイの女王”の指導を受け、次第に人気を博していく。そんな彼女たちの前に、強力なライバル、ドリアンシスターズが現れ……。
☆おススメホラー映画☆
「メイド」
シンガポールの慣わしを映画にしたストーリーで、フィリピン人のメイドが中国人一家のもとに、雇われるところから物語は始まります。台湾や香港のホラーは必ずといっても、血などのグロテスクな描写がつきものですが、日本のような、ひんやりとしたドキドキ感のホラーです。
【ストーリー】
冥土の門が開き死者の霊が人間界をさまようといわれる太陰暦の7月、フィリピンからシンガポールにやってきたローサ(アレッサンドラ・デ・ロッシ)は、中国人一家にメイドとして雇われる。彼らが受け継いできた風習を知らないローサはさまざまなタブーを侵してしまい、次第に彼女の周辺で不可解な現象が起こり始める。

シンガポール映画館情報

・大きなショッピングセンター内に入っていることが多く、待ち時間でもショッピングしながら快適に過ごせます!
シンガポールの4大映画系列は、Golden Village, Cathay, Shaw,WEとなっています。シンガポールの各地にあるので、どの映画館が自分に合うか調べてみてもいいかも!(座席の距離感や席の素材など若干各映画館によって違うそうです)・字幕は英語!英語音声の映画でも英語字幕があります!英語の勉強に最適!
・値段が安い!
平日の料金はおよそ約8SGD~≒480円~!週末になると少し割高になりますが、それでも日本に比べればかなり安い値段で映画を見ることができます!
もうすこし出せば、Golden VillageのGold classやShawのPremiereなど、飛行機のファーストクラスのような座席で映画を見ることも可能!二人ずつの席となっていますので、カップルにもぴったり!隣の席の人のポップコーンの音が気になる・・・などの心配もいりません!!
・インターネットで予約も可能!
長い行列を待ってチケットを購入せずに済みます!せっかく行ったのに、満席で見られなかった・・・などの失敗もありません!

【注意】
・クーラーの効きすぎに注意!
室内はクーラーがかなり効いています。特に映画館となれば、2時間の間ずっと座ったままという状態になるので、服装には十分注意しましょう!長袖のカーディガンやパーカーを持って、ジーパンや長ズボンを着て出かけることをおススメします!!
・公開期間に要注意!
シンガポールの映画の回転はかなり早く、1か月もしないうちにすぐに新しい映画が公開されてしまいます。ちょっと待っているのあっという間に違う映画に変わっていたりします。

いかがでしたでしょうか?シンガポールでは、かなり安い値段で最新の映画を見ることが出来るので、ぜひ時間があれば映画館に足を運んでみるのはいかがでしょうか?以上、シンガポールナビがお届けいたしました!
関連タグ:映画映画館

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-02-16

ページTOPへ▲

その他の記事を見る