スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

ホーカーズやフードコートで食べられる『第二グループ』の人気ローカルメニュー

チキンライスやラクサだけじゃない!シンガポーリアンが大好きなローカルメニューはこれ!

こんにちは、シンガポールナビです。ホーカーズやフードコートで食べられるシンガポール料理と言うと、皆様は何を思い浮かべますか? チキンライス、ラクサ、バクテー・・・。実はシンガポーリアンが本当に愛するローカルメニューは、他にもあります! ガイドブックのローカルメニューのページでは『第二グループ』に甘んじることが多いものの、地元では人気のシンガポール料理の中から、今日は5種類をご紹介します。

1. ヨンタオフー(Yong Tau Foo / 醸豆腐)

お昼時にホーカーズやフードコートに行くと、お客さんが一際長い列を作っているのがヨンタオフーのストール。日本のおでんに似た料理で、もとは客家料理です。魚のすり身を挟んだ豆腐やフィッシュボールなどの練り物、ゆで卵や野菜など、店頭のケースに並んだ具を好きなだけお椀に入れて、お店の人に湯がいてもらいます。さらにスープと麺を一緒に入れて食べるのが一般的。選んだ具の数によって値段が変わります。出汁の効いたスープはさっぱりした味で、日本人の味覚にもぴったり。フードコートやホーカーズの料理は一般的に野菜が不足しがちですが、ヨンタオフーは野菜の具が豊富に並んでいるところも魅力的です。ヘルシーな料理として、ローカルの絶大な支持を集めています。
お椀に具を入れていく人々

お椀に具を入れていく人々

ずらりと並ぶ揚げ豆腐や練り物等の具

ずらりと並ぶ揚げ豆腐や練り物等の具

お店の人が具を湯がいてくれます。

お店の人が具を湯がいてくれます。

好きな具と麺をどっさり入れたヨンタオフー

好きな具と麺をどっさり入れたヨンタオフー

豆腐にすり身が挟んである具。スープはさっぱりした味。

豆腐にすり身が挟んである具。スープはさっぱりした味。

2. フィッシュボール・ミー(Fish Ball Mee / 魚圓面)

こちらは潮洲式の魚のお団子が入った麺料理。シンガポーリアンはフィッシュボールが大好きで、スーパーマーケットの食品コーナーにも様々な種類のフィッシュボールが売られています。この料理は麺と一緒にフィッシュボールの食感を味わうもので、プリプリしたお団子はさっぱりしたおいしさ。スープ麺とドライ麺の2種類がありますが、旨味が染み渡るスープとともにフィッシュボールの弾力を味わうのがオススメです。麺は数種類の中から選ぶことができ、平たい麺の「ミーポッ」や黄色い生麺の「ミーキア」などが人気です。
フィッシュボールを茹でる様子

フィッシュボールを茹でる様子

人気の料理、フィッシュボール・ミー

人気の料理、フィッシュボール・ミー

プリプリした食感がたまらないお団子

プリプリした食感がたまらないお団子

3. キャロット・ケーキ(Carrot Cake)

朝食やおやつの時間などに、手軽に食べられるスナック。大根餅を細かく切って、ニンニク、漬物、卵とともに炒めて焼き上げた料理です。「『大根』餅なのになんで『キャロット』なの?」と言われそうですが、この場合のキャロットはにんじんではなくて、ホワイト・キャロット=大根のこと。甘い醤油味の「ブラック」と、さっぱりした塩味の「ホワイト」の、二種類があります。いずれも刻みネギがトッピングされており、舌触りのよい大根餅と焼いた卵の香ばしさが、絶妙な取り合わせ。観光の合間の小腹が空いたときなどに、ぜひ食べてみてください。
ブラックとホワイトを表記した看板

ブラックとホワイトを表記した看板

ホワイトタイプのキャロット・ケーキ

ホワイトタイプのキャロット・ケーキ

中に入っているやわらかい大根餅

中に入っているやわらかい大根餅

4. ロティ・プラタ(Roti Prata)

ロティは南インドで生まれた丸いパンケーキ。シンガポールではロティ・プラタ、マレーシアではロティ・チャナイと呼ばれています。表面はサクサクと香ばしく、中身はモチモチとやわらかいロティ・プラタは、その食感が魅力。プレーンなロティ・プラタの他に、エッグ・プラタ、オニオン・プラタ、チーズ・プラタ、マシュルーム・プラタなど、種類が豊富です。プラタ職人が丸めた生地のかたまりを何度も叩きつけながら、手際よく円盤状のパンケーキを作る様子は、一見の価値あり。キツネ色に焼き上がったプラタには、カレーを付けて食べます。かりっとした表面と幾重にも重なった中身を持つプラタは、チキン・カレー、マトン・カレー、ベジタブル・カレーなど、どんなカレーにもぴったり。いろいろな組み合わせを試してみて。
南インド生まれのロティ・プラタ

南インド生まれのロティ・プラタ

カレーを付けて食べるのが一般的

カレーを付けて食べるのが一般的

小さくちぎってカレーを巻いたプラタ

小さくちぎってカレーを巻いたプラタ

5. バンミー(Ban Mee / 板面)

客家の人々がシンガポールに伝えた、平たい麺の料理。きしめんに似た手打ち麺を、出汁の効いたスープに入れたもので、さっぱりした味は日本人の味覚にも合います。イワシの煮干しを揚げたもの(イカンビリス)が、麺の上にどっさりトッピングされているのが特徴。煮干しのカリカリした食感と、スープに染み渡った旨味が調和して、やみつきになります。他にもポークミンチや卵、シイタケ、青菜などが入っており、食べ応えたっぷり。さらにトム・ヤム味のバンミーや、エビ入りバンミー、餃子入りバンミーなどの様々なバリエーションがあります。コシのある麺と具の取り合わせを、じっくりお楽しみください。
きしめんに似た平たい麺

きしめんに似た平たい麺

カリカリした食感のイカンビリス

カリカリした食感のイカンビリス

こちらはトムヤム味のバンミー

こちらはトムヤム味のバンミー


シンガポールのローカルフードは、ガイドブックで大きく取り上げられていない料理にも、おいしいものがいっぱい! 名前に聞き覚えがない料理でも、ホーカーズやフードコートでシンガポーリアンたちが行列を作っているストールがあったら、並んでみる価値ありです。ぜひいろいろな料理を試してみてくださいね。以上、シンガポールナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-05-02

ページTOPへ▲

関連記事

シンガポールのフードコート特集!

シンガポールのフードコート特集!

快適な空間で名物料理を手軽に食べられる!シンガポールに来たらぜひ足を運んでほしいフードコートをご案内。

庶民が愛するシンガポールのローカルフード5

庶民が愛するシンガポールのローカルフード5

シンガポールに来たらぜひ食べてみて! 5つの国民的ローカルフードをご紹介!

その他の記事を見る