スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

夜12時以降のシンガポールはこう歩く!

常夏の国、シンガポールの夜は長い!夜景にビールにマーライオンとベイサンズ!夜のほうが見所が多いかも!?


こんにちわ!シンガポールナビです。シンガポールの昼間は暑すぎて、外で歩き回る元気がない・・・という方も多いのではないでしょうか?そこでおススメなのが「夜遊び!」夜のシンガポールは、涼しいのはもちろんのこと、綺麗な夜景や24時間営業しているお店などおススメスポットがたくさんあります。人を眠らせない魅力がシンガポールには満載!常夏の国、シンガポールの夜は思った以上にかなり長いです!今回は、夜のシンガポールの治安状況やおススメ夜遊びスポットなどの夜の歩き方をご紹介いたします。

シンガポールの夜の治安は?

他の東南アジア諸国に比べ、シンガポールは治安もよく安全な国と知られています。シティ内では、道には街灯はもちろん眩しいくらいに照らされていて、ひとりで歩いていても平気なくらいです。そもそも、多くのシンガポール人も太陽が沈んでから活動を始める人が多く、夜遅い時間帯でもかなり多くの人達が外を出歩いています。
ただ裏道になど人気の少ない場所など少しでも「ここは危ないな」と感じる場所には近づかないようにしましょう。治安がいいといっても、最低限の安全管理は常に忘れないようにしましょう!

深夜のシンガポール交通状況

夜遅くてもバスを待つ人たちは多いです!

夜遅くてもバスを待つ人たちは多いです!


夜出歩くといってもホテルまで戻って来るにはどうすればいいか?終電を気にしながら、遊ぶのも面白くない!と考えている方!シンガポールではNバス(Night bus)という夜行専用のバスがあるのをご存知ですか?昼間のバスの運行時間外に走っているバスでホテルの最寄のバス停まで帰ることもできます。またシンガポールで国内の大きな行事や祝日(シンガポールマラソンやナショナルデー、12月31日の大みそかなど)では、MRTも24時間運行されます。
クラークキーからのタクシースタンドには毎晩長い行列が!

クラークキーからのタクシースタンドには毎晩長い行列が!

タクシー
一番便利な交通手段はタクシーです。シンガポールにはいたるところにタクシースタンドがあるので、そこで待っていればタクシーはやってきます。メーターがついている正規タクシーであれば、めったに危険な目にあうことはありません。ただタクシーに乗る時に注意してほしいのが、運賃料金。初乗りは3.2ドルですが、深夜料金やシティエリアに入る際の通行料など、割増される料金が夜中になると昼間よりも多くなるのでご注意!!追加料金は、乗車した場所や時間などでも大きく異なりますので、下車するときにはきちんとレシートを貰って確認することが大切です!!
各駅によって終電が違うので注意!

各駅によって終電が違うので注意!

MRT
各駅によって終電は変わってきますが、基本的には23時30分から24時の間になります。チャンギ空港への最終電車は若干早めになるのでご注意!MRTは夜でも一律同じ料金です。
祝日などには24時間運行されることもあります。
*シティホールからチャンギ空港への最終電車は23時27分となっています。
 シティホールからパシリスへの最終電車は24時11分、ジュークーンまでの最終電車は、23時52分です。
(2012年6月現在)

終電で帰りたい方は、あらかじめ最寄りのMRTの最終電車を確認しておきましょう!
クラークキーの近くにあるバス停にはNバスがたくさんあります!

クラークキーの近くにあるバス停にはNバスがたくさんあります!

Nバス
シンガポールでバスに終電という言葉はありません!一般的な昼間のバスの運行時間が朝5時30分~夜24時頃までとなっており、それ以降はNバスという夜限定で運行しているバスが走ります。運行時刻は24時頃~朝6時頃となっており、それ以降はまた昼間運行バスが動くという形になり、まさに24時間シンガポール国内を走りまわっています!!運賃は大人が4ドルからと通常運賃と比べると少し割高になりますが、タクシーの値段と比べると10ドル以下で終電以降車に乗って帰れるのはかなり節約になります!

夜の12時以降のおススメエリア!

マーライオンのライトアップは23時まで!

マーライオンのライトアップは23時まで!

もちろん定番!マリーナエリア!
ここはもちろん外せません!定番中の定番、マリーナエリア。夜の12時以降も綺麗な夜景は健在です。12時以降になると、フラトンベイホテルなどのダウンタウンの高層ビルの夜景はライトアップが消えてたりと、少し見劣りするかもしれませんが、マリーナベイサンズ、シンガポールフライヤーなどの夜景は深夜まで綺麗なライトアップがされています。マーライオンは午後11までライトアップされているので、早めに来ることをおススメします!
深夜でも人通りの多いマーライオンパーク!

深夜でも人通りの多いマーライオンパーク!

周りのレストランやカフェも遅くまで開いています!

周りのレストランやカフェも遅くまで開いています!

ベイサンズを見ながら美味しいお酒はいかがですか?

ベイサンズを見ながら美味しいお酒はいかがですか?

眠らない街、クラークキー!
「今夜は朝まで踊りたい!飲みたい!」友達と一緒に騒ぎたいあなたは、クラークキーへ!眠らない町がここにあります。外のテラスで美味しいビールを飲むのもよし、クラブにいって朝まで夜通し踊るのもよし。とにかく毎晩がお祭り騒ぎのエリアです。夜になると多くの人が集まり、週末にもなると地元の人たちもここへ来て一晩中踊り明かします。ジャンボなどのシンガポールシーフードのレストランもあれば、中華料理やベトナム料理なども多くあります。噴水エリアでは、綺麗なネオンと共に素敵な雰囲気がかもしだされています。またリバーサイド沿いで、風に吹かれて涼しむのもいいかもしれません。
アーケードもあるので雨でも安心して遊べます!

アーケードもあるので雨でも安心して遊べます!

レストランだけでなく、外で気軽に飲める場所も多いですね!

レストランだけでなく、外で気軽に飲める場所も多いですね!

出店も多くお土産も買えます!

出店も多くお土産も買えます!

オーチャードで飲む場所と言えばもちろんここ!

オーチャードで飲む場所と言えばもちろんここ!

オーチャードの夜の街、カッページテラス!
ホテルがオーチャードにある方におすすめなのがカッページにあるカッページテラス!昼はお洒落なプラナカン風なお店が立ち並び、夜はエキゾチックなバーに大変身!シンガポール料理はもちろん、日本食レストランも多いので、日本人駐在者も多く訪れます。
カッページプラザ内には、居酒屋だけなく日本語の曲がはいっているカラオケ店もあるので、二次会、三次会もOK!日本の最新曲などもカバーしているカラオケ店も多いので、楽しめそうです!シンガポールのカラオケ店は、2時間パック・3時間パックなどの時間制だったり、朝まで歌いたい放題のコースなど多種多様。営業時間は朝の5時ころまで開いています。
実は美味しいレストランが多いのも有名です!

実は美味しいレストランが多いのも有名です!

素敵な照明で雰囲気も抜群!

素敵な照明で雰囲気も抜群!

カッページプラザにはカラオケ店も多数あります!

カッページプラザにはカラオケ店も多数あります!

お腹がすいたら24時間営業のホーカーへGO!

シンガポール人の間では夜食を「スパー(Supper)」と言い、夕食を食べた後ホーカーに繰り出して、お粥やスープを食べることもしばしばあるそうです。そのため、深夜遅くまで営業しているホーカーもたくさんあります。観光客で有名なラオ・パサのホーカー群も24時間営業です。開いてるお店は限られてしまいますが、深夜遅くてもラオ・パサを訪れるお客さんは少なくありません。ラオ・パサは毎晩中央の舞台で野外ライブも行われているので、必見!

お土産を買い忘れた!のなら24時間営業のお店へGO!

「明日の早朝出発なのに、お土産を買い忘れた!でもどこもお店なんて開いてないよ~」なんてあわてる心配もありません。シンガポールには24時間営業のお店がたくさん。特に観光客には強い味方のムスタファセンターは24時間営業!深夜も開いているので買い忘れたものがあっても大丈夫!またシンガポールのお土産もたくさん売っているので、最終日の夜にゆっくり買い物をすることもできますよ!ムスタファセンターの周りも遅くまでお店が開いていたりしますが、大通りはかなり明るいですが、裏道にはいってしまうと薄暗く人通りも少ないので、なるべく大通りを歩くようにしましょう!
いかがでしたか?夜のエンターテイメントを楽しむアトラクションがシンガポールにはまだまだたくさんあります!!24時間営業のレストランやお店は、地元の人だけでなく、観光客にとってもありがたいものですね。皆さんも夜のシンガポールならではの過ごし方を満喫してくださいね!以上、シンガポールナビがお届けいたしました。



上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-08-01

ページTOPへ▲

その他の記事を見る