スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

マリーナ・ベイ・サンズを楽しみ尽くす!

今やシンガポールのアイコン! マリーナ・ベイ・サンズの魅力を徹底解剖します。

こんにちは、シンガポールナビです。今やシンガポールの新たなアイコンとなったマリーナ・ベイ・サンズ。今日はこの壮大な建築物について、最新版の楽しみ尽くすツボをご紹介します。泊まって良し、買って良し、食べて良し、眺めて良しのスーパー観光名所をご堪能ください。

宿泊を楽しむ

いまシンガポールで一番泊まってみたいホテルとして、注目を集めるのがマリーナ・ベイ・サンズ。3つのタワーから成る総客室数2560の巨大ホテルで、マリーナ・ベイを付属の池のように従えて立っています。シティ・ビューの部屋の、壁一面の窓からは、マリーナ・ベイの向こうにマーライオンやシェントン・ウェイの摩天楼が見えます。
客室にはデラックスルーム、プレミアルーム、クラブルームなどのカテゴリがありますが、おすすめしたいのは35-49階のクラブルーム。高層階が指定されているため、眺望が抜群です。やわらかいベージュ色で統一された室内はゆったりした造りで、贅沢なひとときを味わえます。広々としたデスクや、室内の三カ所にある大きな鏡も宿泊客に好評。いつまでも滞在していたい素敵なお部屋です。
46階のクラブールームから見たシティの景色。眺望抜群!

46階のクラブールームから見たシティの景色。眺望抜群!

ベージュ色で統一された、ゆとりのある室内

ベージュ色で統一された、ゆとりのある室内

広々した客室内への入り口

広々した客室内への入り口

機能的で使いやすい客室内のデスク

機能的で使いやすい客室内のデスク

洗面台が二つ並んでいて便利です。

洗面台が二つ並んでいて便利です。

宿泊者の特権、屋上のインフィニティ・プールを楽しむ

マリーナ・ベイ・サンズの最大のウリは、地上57階にあるインフィニティ・プール。ホテルの宿泊客のみ利用可能です。雄大な景色と、太陽に近いプールでの泳ぎを、思いっきり楽しみましょう。
プールの水面からシェントン・ウェイの摩天楼がすっくと立ち上がる姿は、実際に見ると迫力満点です。実はシティ側のプールの端まで行ってみると、プールの下には段差のある大きな集水槽が広がっていて、崖っぷちでも何でもないことがわかるんですが(笑)。ちゃんと安全面が考慮された設計になっているので、ファミリー客にも安心です。
今や世界各国から集まる宿泊客にとっても、一番のお目当てになっているのがこのプール。よって夏休み期間など、時間帯によっては芋洗いの様相を呈します。そこでオススメなのは、朝早い時間に泳ぐこと。比較的人も少なく、プールサイドのロッキングチェアも好きな場所を選べます。プールは22時までオープンしているので、シェントン・ウェイの灯りを見ながら、夜間に泳ぐのもステキですよ。
プールがあるのは空中庭園の中央部。ここです!

プールがあるのは空中庭園の中央部。ここです!

水面の向こうにシェントン・ウェイの摩天楼が広がります。

水面の向こうにシェントン・ウェイの摩天楼が広がります。

一般客も入場OK! サンズ・スカイ・パークからの眺望を楽しむ

ここからは宿泊客以外の、一般のお客様も楽しめるマリーナ・ベイ・サンズの見どころをご紹介していきます。いまシンガポールで最もアツい観光地は、マリーナ・ベイ・サンズの3棟のホテルタワーの上に造られた空中庭園「サンズ・スカイパーク」。地上200mの高さから、マリーナ湾の周辺を一望できる展望台です。チケット売り場はホテルタワー3の玄関から地下1階に降りたところにあり、専用エレベーターで56階の空中庭園入り口まで直行します(入場料は大人20 Sドル、2~12歳の子供14 Sドル)。船型の空中庭園の舳先の部分をぐるりと廻ると、西側にシェントン・ウェイやマーライオン、北側にシンガポールフライヤー、東側にガーデンズ・バイ・ザ・ベイなど、マリーナ地区の代表的な施設を眼下に見下ろすことができます。
この空中庭園を訪れるオススメの時間は、なんといっても夜。シェントン・ウェイの摩天楼が宝石箱のように輝き、まるで映画を見ているようです。シンガポールの日没時間は19:20頃なので、夜景を楽しむには19:30過ぎに訪れるとバッチリ。涼しい夜風が吹いているのも気持ちいいですよ。
空中庭園の舳先の部分が展望スペース

空中庭園の舳先の部分が展望スペース

56階まで直通のエレベーター

56階まで直通のエレベーター

シンガポールフライヤーが見えます。

シンガポールフライヤーが見えます。

シェントン・ウェイの夜景を眺望できる、展望台の西側

シェントン・ウェイの夜景を眺望できる、展望台の西側

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに立つスーパーツリーの灯り

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに立つスーパーツリーの灯り

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズで買い物を楽しむ

マリーナ・ベイ・サンズの1階および地下1、2には、全面ガラス張りの巨大ショッピングモール「ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ」が広がっています。曲線を描くモールの内部は、端から端まで約400メートル。広大な空間には世界的なブランド店からカジュアル・ファッションのお店まで、300以上の店舗が並んでいます。
高級品がお目当ての人は、地下1階のチェックをオススメ。ロータリー状になった吹き抜けを中心に、プラダ、エルメス、カルティエ、フェンディ、グッチなどの人気ブランドのお店が揃っています。ルイ・ヴィトンは屋外の水上店舗に繋がっており、ショッピングモールとの接続部分はギャラリーになっています。
お手軽な価格でたくさん買いたい人には、地下2階を回ってみて。GUESS、アニエス・べー、バナナ・リパブリックなどのカジュアル・ファッションのお店が並んでいます。
プラダ

プラダ

エルメス

エルメス

ルイ・ヴィトンの水上店舗への入り口

ルイ・ヴィトンの水上店舗への入り口

GUESS

GUESS

アルマーニ・エクスチェンジ

アルマーニ・エクスチェンジ

吹き抜けから陽光が差すモール内

吹き抜けから陽光が差すモール内

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズの中は、エンターテインメント施設も充実しています。地下2階には水路を小舟でひとめぐりする「サンパンライド」があり、屋内にいながらまるでヴェネツィアのような気分を味わえます(乗船料金:10 Sドル)。
さらに地下2階の吹き抜け部分には、約600平方メートルの、人工の氷でできたスケートリンクがあります(入場料:大人6 Sドル、5~11歳の子供3 Sドル/スケート靴レンタル:3 Sドル)。楽しそうにスイスイと滑る人々を見ていると、ここが常夏の国であることを忘れそうになるほど。お買い物の合間に空調の効いたモール内で、現実離れしたエンターテインメントをお楽しみください。
地下2階の水路を小舟でひとめぐりするサンパンライド

地下2階の水路を小舟でひとめぐりするサンパンライド

常夏の国にいることを忘れさせるスケートリンク

常夏の国にいることを忘れさせるスケートリンク

ローカル料理から高級紅茶まで、食を楽しむ

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズには、お買い物や観光の合間に入れるお食事どころがいっぱい。地下2階には点心が自慢の鼎泰豊、軽食も摂れるカフェのコーヒー・ビーン&ティーリーフ・ビストロ、カヤ・トーストが名物のトースト・ボックスなど、市中でもおなじみのチェーン店が並んでいます。そんな中でオススメなのが、地下2階のスケートリンクを囲むように広がる、フードコートの「ラサプラ・マスターズ」。960席の大型フードコートで、シンガポール料理の名店のストールが並んでいます。フライド・ホッケンミーの「泰豊」、チキンライスの「新記」、バクテーの「黄亜細肉骨茶餐室」など、ぜひ試してみたいローカルフードが勢揃い。他にも世界中の料理のストールが並んでおり、和食が恋しくなったときにも使えます。24時間営業なので、思い立ったらいつでも食べられることもポイントです。
24時間営業のラサプラ・マスターズ

24時間営業のラサプラ・マスターズ

フライド・ホッケンミーの「泰豊」

フライド・ホッケンミーの「泰豊」

チキンライスの「新記」

チキンライスの「新記」

地下2階にはシンガポールが世界に誇るティーブランド「TWG」のティーサロンが2店あります。1店は半円を描くステージ状の敷地に、もう一店はなんと水路の橋の上に! 世界各地から選りすぐった茶葉を、独自にブレンドした紅茶は香り高く、ケーキやマカロンも絶品です。3段トレイに載ったケーキやサンドイッチを、お茶とともに味わうティーセットも好評です。お買い物の合間に、水路を眺めながら過ごすティータイムは優雅そのもの。店内はいつも各国からの観光客でにぎわっています。併設されているショップでは、TWGオリジナルの紅茶を買うこともできますよ。おみやげにどうぞ。
ステージ状のTWGのティーサロン

ステージ状のTWGのティーサロン

こちらは水路の橋の上にあるTWG

こちらは水路の橋の上にあるTWG

併設されているTWGのショップ

併設されているTWGのショップ

光と音のショー「ワンダー・フル」でマリーナ・ベイ・サンズの姿を楽しむ

マリーナ・ベイ・サンズの中の施設を楽しみ尽くしたら、少し離れてマリーナ・ベイ・サンズの姿そのものを楽しんでみませんか?3棟のビルの上に宇宙船が停泊しているような姿を見るには、マリーナ湾の西岸にある、マーライオン・パークやエスプラネード橋に脚を運ぶのが最適です。昼間に見るマリーナ・ベイ・サンズは、白銀に輝く壁面が常夏の青空に映えています。

でも、全体の姿を見に行くのにオススメの時間は、実は夜。マリーナ・ベイ・サンズを使った光と音のショー「ワンダー・フル」が、毎晩20時と21時30分(金曜日と土曜日は23時の回あり)に行われるのです。マリーナ・ベイ・サンズの壁面からは青や緑のレーザー光線が放たれ、ホテルタワーの手前にあるショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズやサンズ・エキスポ・コンベンション・センターも、ライトアップで赤や紫に刻々と色を変えていきます。コンベンション・センターの前にあるイベントプラザでは、水のスクリーンに映像が投射される、近未来的なショーを見ることができます。マリーナ湾の西岸からはこの映像は見えませんが、代わりにカラフルな光で彩られる、マリーナ・ベイ・サンズ全体の壮大な姿を楽しめます。輝くマリーナ・ベイ・サンズとマーライオンを一緒に撮影したい人は、エスプラネード橋へ。マリーナ・ベイ・サンズだけを正面から撮りたい人は、マーライオン・パークの北にのびるワン・フラトン前の、プロムナードへ行くのがオススメです。
ワン・フラトン前のプロムナードから撮影した<br>マリーナ・ベイ・サンズ。レーザー光線がすごい!

ワン・フラトン前のプロムナードから撮影した
マリーナ・ベイ・サンズ。レーザー光線がすごい!

エスプラネード橋からは、マーライオンと一緒に、<br>マリーナ・ベイ・サンズのショーを撮影できます。

エスプラネード橋からは、マーライオンと一緒に、
マリーナ・ベイ・サンズのショーを撮影できます。


様々な魅力でいっぱいのマリーナ・ベイ・サンズ。朝から晩まで楽しめるスケールの大きい観光スポットです。いろいろな方向からアプローチして、ぜひ楽しみ尽くしてくださいね。以上、シンガポールナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-12-19

ページTOPへ▲

関連記事

マリーナ・ベイ・サンズを攻略しよう~写真撮影編

マリーナ・ベイ・サンズを攻略しよう~写真撮影編

マリーナ・ベイ・サンズのとっておきの写真を撮るポイントは?

ワンダー・フル

ワンダー・フル

マリーナ・ベイ・サンズと湾に面したイベントプラザで繰り広げられる、光と水のショー。何回見ても飽きない壮大さ!

SMAPが歩いたのはここ!夜のマリーナベイサンズスカイパークを楽しもう

SMAPが歩いたのはここ!夜のマリーナベイサンズスカイパークを楽しもう

夜闇に宇宙船が浮かぶかのような空中庭園。涼しい風の中で、夜景やレーザーショーを堪能しましょう!

マリーナベイ・サンズ空中庭園(スカイパーク)

マリーナベイ・サンズ空中庭園(スカイパーク)

シンガポールの新観光スポット! 地上200m、高層ホテルの上に船!?世界最大規模の空に浮かぶ展望台スカイパーク。

ぶらり街散策~マリーナ・ベイ・サンズ編!

ぶらり街散策~マリーナ・ベイ・サンズ編!

シンガポールで一番ホットなスポット!

マリーナ・ベイ・サンズ

マリーナ・ベイ・サンズ

マリーナエリアに登場のユニークな建物に、空飛ぶ船??目指すはショッピングに、カジノ!大人のエンターテイメントあふれるスポット!

マリーナ・ベイ・サンズ・カジノ

マリーナ・ベイ・サンズ・カジノ

マリーナ・ベイ・サンズ内にあるカジノ。観光客だけでなく、シンガポール人にも人気となったカジノで一儲け!

マリーナ・ベイ・シティ・ギャラリー

マリーナ・ベイ・シティ・ギャラリー

シンガポールの都市計画、最新技術のエコについて紹介する小さなギャラリー。マリーナ・ベイエリアへお越しの際は是非!

その他の記事を見る