スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

B級グルメを食べ比べ~豆花

プルプルの豆花を食べ比べしてきました!

こ んにちは、シンガポールナビです!旅行の楽しみと言えば「食」!手軽に食べられるスイーツを求めて旅に来られる方も多いのでは?わすか数ドルで至極のひと時が過ごせる、豆花。話題のお店から、定番のお店まで今回はいろいろと豆花を食べ歩いてきました!

豆花(トーファ)、ビーンカードとは?

豆花(トーファ)=Beancurd(ビーンカード)。シ ンガポールに限らず、台湾などでも食べられる中華スイーツ。豆乳でできたスイーツなのでヘルシーですが、シロップをかけて食べるスタイルもあり、甘さもあります!豆乳のお店で取り扱っている場合が多いです!

1軒目:老伴豆花 Lao Ban Soya Beancurd

このお店の紹介なしに、この特集企画が成り立つのか!というほど、今のシンガポールの豆花ファンの注目度大の老伴。狙いを定めて行っても売り切れでトボトボと帰宅の途につくこと数回。ようやく手に入れました!

【場所】オールド・エアポート・フード・センター#01-107/127 
【お値段】1.50Sドル
【お味見】シロップなしの新しいタイプの豆花。すでにこの豆花自体も少し甘め。舌ざわりの滑らかさ、う~ん、行列に並んだ甲斐がありました!ちょっと甘さを抑えたプリンのような感じ。今まで街中で食べてきた豆花とはまた違った味わいです!
B級グルメを食べ比べ~豆花 豆花 老伴 梧槽豆花油條 豆浆之家 mrbean黄埔豆花水 B級グルメを食べ比べ~豆花 豆花 老伴 梧槽豆花油條 豆浆之家 mrbean黄埔豆花水
まとめて30個買い!

まとめて30個買い!

行列は途絶えることなく…

行列は途絶えることなく…

【一口メモ】只今、シンガポールで支店が増えています。マックスウェル・フード・センターに加えて、空港近くのタンピネスや中心地のラッフルズ・プレイスなど。このお店ではフェイスブックもあり、マメにアップデートもされています!

2軒目:梧槽豆花油條 Rochor Original Beancurd

ひっきりなしにお客さんが来るお店!このお店を食べ比べでは外せません!ってことで行ってまいりました。ナビが購入し、食べて、ほっこりしている間にも、車で大量に購入していくお客さんがたくさん!

【場所】2 Short Street
【お値段】1.00Sドル
【お 味見】甘味のシロップ入りの豆花。ちょっとシロップは少なめにしてね。とお願いして手に入れたのがこちら。やわらかい豆花。スプーンですくっているうちに形が崩れてしまうほど。もちろん口の中でもとろけてしまいます。ちょっとオレンジ色っぽいシロップも甘すぎず◎!

3軒目:豆浆之家 House of Soya Beans

ネットでもたびたび取り上げられているこの豆乳ストール、シンガポール人にも勧められたので、地元の人にも愛されていると確信!さっそくお味見開始です。豆花もトッピングがいろいろあるのですが、お勧めされた「紅豆豆花」で決定です!

【場所】ザイオン・リバーサイド・フード・センター #11
【お値段】1.80Sドル
【お味見】さすがに、紅豆豆花とあって、お値段もちょっとお高め?注文してからお豆を入れてもらったのですが、あれよあれよという間に見えなくなってしまいました。豆花はスプーンで持ち上げても崩れないくらいの固さ。トッピングのお豆のやさしい甘さで美味しい!リピートしたいお味です。

4軒目:mr bean

日本にも進出したmr bean。お馴染みの人も多いかも!お店によっては数席用意してある場合もあるけど、基本はテイクアウトのお店。買って、ホテルやベンチなどで食べてみてください。

【場所】MRT Dhoby Ghaut駅構内( 国内に50軒以上。駅やショッピングモールに店舗があります!)
【お値段】1.30Sドル
【お味見】温かい豆花を注文。注文してからお持ち帰り用の容器に入れてくれました。シロップは少なめにしたので、甘味抑えめの豆花。お腹にやさしく、お豆のお味も堪能できました!量は他の豆花に比べてちょっと多めかな?食べ終わったら、かなりお腹いっぱいに。

5軒目:黄埔豆花水 Whampoa Soya Bean & Grass Jelly Drinks

地元の人たちがひっきりなしに買いに訪れると聞いて、さっそくナビも参上。豆花はトッピングの種類も豊富。今回はスタンダードなトッピングなしの「豆花」をオーダー。注文してからお鍋からアツアツの豆花をやさしくすくってもらいました。

【場所】ワンポア・フード・センター #01-52(メインの91棟のとなり90にあります!)
【お値段】0.80Sドル
【お味見】スプーンですくうと、今にも崩れてしまいそうなくらいのやわらかい豆花。シロップは標準量を入れてもらったけど、甘すぎと思わず、ちょうどいい感じ。このやわらかい豆花は冷たいのより温かい方がよさそうな感じ。次はトッピングにも挑戦したい!

注意事項
*味の好みには個人差があります。実際のお味見判定は是非ご自身でしてみてくださいね。
*場所とお値段は取材時(12年10月)のものです。

いかがでしたか?見た目はほぼ同じに見える豆花も、比べてみると面白いほどにお味がお店それぞれに違うんです!それに、お目当ての豆花のために行列に参加し、シンガポール人の豆花に対するアツい情熱を改めて感じることができました!数ドルで楽しめる豆花、是非楽しんでください。以上、シンガポールナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-01-30

ページTOPへ▲

その他の記事を見る