スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

B級グルメを食べ比べ~キャロットケーキ

ちょっと地味な存在(?)キャロットケーキを食べ比べしました!

こんにちは、シンガポールナビです。そしてB級グルメ食べ比べファンの皆さま、お待たせしました!今回の「シンガポールのB級グルメを食べ比べ」は、「キャロットケーキ」。麺類やご飯系ではないので、ちょっと地味な存在ですが、ちょこっとお腹のすいたときにもちょうどいいのがキャロットケーキ。旅の時間の合間に気軽に食べられるように、市内中心地近くや、駅近くのストールを中心に食べ歩いてきました!

キャロットケーキとは?

白のキャロットケーキ

白のキャロットケーキ

大根餅を使ったオムレツのような食べ物。広東語で「キャロット」は「大根」のことなので、そこからキャロットケーキとなっているわけです。ニンジンのケーキではないので間違えないでね~。

お店によっては、黒いキャロットケーキ、白いキャロットケーキがあるところがあります。黒いキャロットケーキはダークソースで味付けしてあるので見た目がちょっと黒めで甘め。白いキャロットケーキはチリが効いた辛めです。もちろんチリなしで注文もできますよ!

朝ごはんとしても食べられているキャロットケーキは朝から午後の早めの時間まで開いているところが多いのです。お目当てのところへは早めの時間にお出かけください!
白のキャロットケーキ

白のキャロットケーキ

黒のキャロットケーキ

黒のキャロットケーキ

1軒目:顺眼菜头粿 Soon Yan carrot cake

住宅街にある美味しいキャロットケーキで日本の旅行者にも人気のストール。観光エリアからは離れているけど駅から数分の距離なので気軽に行けるかも!ってことでご紹介!

【場所】Blk111 Lorong 1 Toa Payoh
【値段】2.50Sドル(一番小さいサイズ)
【お味見】注文してテーブルで待つことしばし。忘れられたのか・・・と少し不安になったころにやってきました!見た目はちょっと色白系。 外はカリっと焼き目がついているんですが、中がふわふわ!中のやわらかさがたまりません!しかも海老入り!これはここまで足を運ぶ価値、ありですね!!
【行き方】MRT Braddellで下車し、出口Aを出てそのまま直進します。出口Aからストールまではほんの数分。途中、マクドナルドや、地元のパン屋などが通りにあります。HDBと呼ばれるいわゆる公団の111棟の1階部分、ストールが数軒まとまってあるところの右側にあります。
MRT Braddellで下車。

MRT Braddellで下車。

オーチャードからもすぐ行けます!

オーチャードからもすぐ行けます!

出口AからBlk111を目指します!

出口AからBlk111を目指します!

出口Aを出たところこんな景色が広がり。

出口Aを出たところこんな景色が広がり。

とにかく直進!

とにかく直進!

わずか数分でお目当てのBlk111に到着!

わずか数分でお目当てのBlk111に到着!

2軒目:淼鑫薄饼.菜头糕 Miow Sin Popiah and Carrot Cake

キャロットケーキのストールと言えば、午後の早い時間で終わってしまうところが多いのですが、こちらはなんと夜中まで営業!時間を気にせずにキャロットケーキが食べられるとあってさっそく行ってきました。

【場所】ラベンダー・フード・スクエアー #01-04
【値段】3Sドル(一番小さいサイズ)
【お味見】テーブルまで持ってきてもらって、思わず大笑い!スプーンがつま先立ちしてる!!そしてこのきれいな盛り付け。ポイント高いですねー。チリをお願いしたのにない!と思ったら、この生地の中に入っていて、噛みしめるたびにピリリ!たまごの固さはちょっとしっかり目!海老も入ってて◎!

3軒目:源记正宗菜头粿 Guan Kee Carrot Cake

常に数人が並んで、キャロットケーキを待っていると聞きつけ、さっそく行ってきました!アクセスしやすい場所なのであまりホーカーに行き慣れてない人でも行きやすいですよ~!ここは白と黒のキャロットケーキがあってサイズも選べます!

【場所】アルバート・センター・フードコート #01-59
【値段】2Sドル (一番小さい 白のキャロットケーキ)
【お味見】たまごでまとまってる感じじゃなくて、ちょっとパラパラになってるキャロットケーキ。たまごよりも大根餅のほうが量が多い感じ。この大根餅は美味しいけど、量が多い!チリも効いているけど、それよりも脂っこさの方が勝ってた?食べ終わるとものすごいお腹いっぱいを実感!

4軒目:家鄕菜頭粿 Kampong Carrot Cake

シンガポール人のブログなどでも取り上げられているキャロットケーキ。黒のキャロットケーキが美味しい!という口コミを発見、黒を試してみるべく、行ってまいりました!注文を取って、作ってくれたおじさんは笑顔満点。

【場所】ティオンバル・フード・センター #02-53 (ティオンバル・マーケットの2階にあります!)
【値段】2.5Sドル (一番小さい 黒のキャロットケーキ)
【お味見】さすが黒のキャロットケーキ、ダークソースのおかげで甘口です。大根餅がかなり大きくてプルンプルンしてます。たまごの姿はほとんど見えず、このプルプルの大根餅と甘めのソースを味わう感じ。おつまみ系な感じがしました!

5軒目:炎成传统潮州粿 Yan Seng Traditional Teochew Kueh

リトルインディアと言えば、インド系のストールばかり気になっていたけど、おいしいキャロットケーキのストールがあると知り、さっそく行ってきました!こちらのストール、キャロットケーキ以外にもビーフンやヤム・ケーキなど、いろいろありました!

【場所】テッカ・センター #01-319
【値段】2.5Sドル (一番小さいサイズ)
【お味見】ここでは黒のキャロットケーキのみ。小さいサイズを注文したのに、この大きさ!ダークソースで甘めとはいえ、にんにくが効いているので甘すぎるとは思わなかったかな。このキャロットケーキそのものが結構イケます!

【注意事項】
*味の好みには個人差があります。実際のお味見判定は是非ご自身でしてみてくださいね。
*場所とお値段は取材時(12年11月)のものです。

いかがでしたか?キャロットケーキも、白と黒、ふっくら焼きに、しっかり焼きとストールによってかなりバラエティ豊富。お気に入りのキャロットケーキを目指して食べ歩きしてみてください!以上、シンガポールナビでした!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-02-06

ページTOPへ▲

その他の記事を見る