スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

シンガポールのカフェ&ベーカリー事情

ただ今、カフェ&ベーカリー旋風巻き起こるシンガポールの事情とは?

こんにちは、シンガポールナビです。今日は、シンガポールの最近のカフェ&ベーカリー事情をご紹介します!近年外国人の数もぐっと増え、それに比例するかのように、カフェやベーカリーが増えてきました。かなり久しぶりにシンガポールに遊びに来る人にはこの最近の変化に驚く人もいるかもしれませんね~。昔からお馴染みのお店に加えて、新しく加わったお店がうまい具合入り混じり、お店の選択肢の幅も増えました!というわけで、ここ最近のカフェ&ベーカリー事情と、観光客にアクセスしやすいお店をご紹介します!

これまでのシンガポールのコーヒー&パン事情

:::コーヒー:::
シンガポールでコーヒーと言えば、チェーン店のものか、ローカルコーヒーが主流。スターバックスや、コーヒービーンズなど世界または東南アジアを中心にしたチェーン店はショッピングモールの中にあったり、オフィス街にあったりと、かなりの店舗もあり、気軽に楽しめる雰囲気がありました!
ローカルコーヒーはショップハウスにあったり、ホーカーにあったりと、市民の生活に切っても切れないもの。シンガポールに旅行で来る人たちにはローカルコーヒーとカヤトーストがお手軽な値段で楽しめるとあって、人気ですよね!また、ローカルコーヒーとカヤトーストのお店「ヤクン・カヤトースト」が日本に上陸したことで、日本では身近な存在になっているかもしれません!
Starbucks Coffee

Starbucks Coffee

The Coffee Bean

The Coffee Bean

Toast Box

Toast Box

Ya Kun Kaya Toast

Ya Kun Kaya Toast

ローカルコーヒー

ローカルコーヒー

ショップハウスや、ビルの1階部分にあるコーヒーショップでローカルコーヒーが楽しめます!

ショップハウスや、ビルの1階部分にあるコーヒーショップでローカルコーヒーが楽しめます!


:::パン:::
一方のベーカリー事情といえば、住宅地周辺にある、ちょっと甘めで柔らかめの中華系のパン屋!菓子パンのようなものからふんわりしたロールケーキのようなものまでが多かったような。ショッピングセンターなどでよく見かけるブレッドトークはシンガポール発のベーカリーとして今でも大活躍中です!
Bread Talk~トングを使って好きなパンを取るのは日本によくあるスタイルと同じです! Bread Talk~トングを使って好きなパンを取るのは日本によくあるスタイルと同じです!

Bread Talk~トングを使って好きなパンを取るのは日本によくあるスタイルと同じです!

とある住宅地にある中華系のパン屋。ふわふわしたパンが多いです! とある住宅地にある中華系のパン屋。ふわふわしたパンが多いです!

とある住宅地にある中華系のパン屋。ふわふわしたパンが多いです!

ここ近年のカフェ&ベーカリー事情は?

:::コーヒー:::
今まで通り、スターバックスのような世界チェーンのコーヒーショップや、ローカルコーヒーは引き続きシンガポールのあちこちで楽しめます。それに加えて、最近では「カフェが増えてきたね」という声があちこちで増えてきたほど、個人で経営しているカフェが多くなってきました。
ローカルコーヒーのお店ではなかったエスプレッソや、カプチーノなど、私たちがいう、いわゆる「カフェ」が市内中心部から郊外まで増えてきています。チェーン店というよりは、個人で経営し、店内のインテリアにも凝ったものなどお店の雰囲気も丸ごと楽しんでしまおう!的なものも多くなってきています。

Tiong Bahru Bakery本店

Tiong Bahru Bakery本店

:::パン:::
一方のベーカリー事情もコーヒー事情と同じく。昔からの柔らかくてちょっと甘めの中華系のパン屋も引き続き存在しつつ、海外からの「ベーカリー」の進出も目立つようになって来ました!オーチャード周辺では、ヨーロッパの都市にある「ポール」や、日本からは「ドンク」や「メゾンカイザー」など「甘くて柔らかいパンもいいけど、バゲットのようなパンを探してたのよ~~」という人には嬉しいお店が続々と進出してきています!
maison kayser

maison kayser

Paul

Paul

実際に行ってみよう~!

:::kooka cafe:::
ラッフルズホテルの裏手に広がるショップハウスの並ぶ通り、Purvis Streetにできたカフェ。このエリアは海南コミュニティがかつてあったところで、チキンライスのお店がたくさんあるんですが、このカフェ、周囲の雰囲気ともうまい具合に溶け込んでいる感じ。お店はショップハウスならでは、奥行きのある店内。シンプルでかつおしゃれなインテリアの揃うお店です。ゆっくり座って、店内の雰囲気を味わいつつ、コーヒーを味わう。おしゃべりしたり、ほっこりしたり。本を読んだりもできます!
*残念ながらkooka cafeは13年10月に閉店。でも、カフェはシンガポール国内に引き続き増加中です!
お店の中からショップハウスが見えるのもなかなか素敵なもの! お店の中からショップハウスが見えるのもなかなか素敵なもの!

お店の中からショップハウスが見えるのもなかなか素敵なもの!


:::Tiong Bahru Bakery:::
ティオンバルにオープンして以来、人気のベーカリーとしてすっかり市民権を得たTiong Bahru Bakery。支店がMRTのシティ・ホール駅直結のショッピングモール、ラッフルズ・シティ・ショッピングセンターにあるので、これは旅行者には嬉しい限り!本店はいつも混んでいるけど、支店は座席にもややゆとりがある感じなのもポイント高い!
店頭にずらっと並んだパンはどれも美味しそう♡ パンを注文しつつ、レジ付近まで進んでいくと、スイーツまでありました!
品数も豊富!商品を見ながら好きなものが選べます! 品数も豊富!商品を見ながら好きなものが選べます!

品数も豊富!商品を見ながら好きなものが選べます!

どちらのお店も店員さんはフレンドリー。お勧めの商品も教えてくれたりするので初めての人でも大丈夫!注文もメニューや商品を指さしすれば分かってもらえるのでお出かけしてみてください!

いかがでしたか?シンガポールには昔ながらのパンやコーヒーと、新しく加わったベーカリーとカフェがうまく混ざり合っています!これだけ選択肢があると、旅行者はもちろん、住んでいる人たちにも嬉しい限りです!気分や、旅行のスケジュールに合わせて、ぜひシンガポールでローカルコーヒー/カフェそして、パン屋/ベーカリーを楽しんでください!以上シンガポールナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-04-17

ページTOPへ▲

関連記事

ラッフルズ・ホテルでハイ・ティーを楽しんできました~!

ラッフルズ・ホテルでハイ・ティーを楽しんできました~!

コロニアル様式のエレガントなホテルで優雅なハイティーの時間を満喫!

その他の記事を見る