スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

【保存版】親子で旅しよう♪ナビ的シンガポール.親子旅行のすすめ

親子でがっつりシンガポールを楽しむためには?

こんにちは、シンガポールナビです。旅行のスタイルも多様化してきて、最近ではお友達や夫婦で旅行するだけでなく、母娘など親子で旅行するのも定番化してきていますね~。
そんなわけで、今日は親子旅にスポットを当ててご紹介。小さいお子さんを連れての親子旅もあるけれど、ここでは親子は、20代くらいのお子さんとその親の旅として紹介していきます!

親子旅の出発前の準備

スムーズな旅は準備が決め手!親子旅の前に気になる点についてチェックしておきましょう。
ホテル
ホテル選びは旅の重要ポイント。なるべくアクセスの良いところで、サービスが行き届いているところがよいでしょうね~。シンガポールのホテル宿泊料は近隣諸国に比べて高めなのが悲しいところですが、早めに予約したり、セールをうまく利用すれば少しお得に泊まることもできますよ!
お勧めはシティやマリーナ周辺のホテル。眺めがよく、サービスが良いホテルが多いのです。

ツアー
親子どちらかが何度かシンガポールに来ているなら、自分たちで行きたいところに好きな時間に行く自由きままな旅ができますね~。
でも、親子どちらもシンガポールが初めての場合は、スムーズな旅のためにツアーを利用するのも手です。お買いものは自分たちで行きたいので、観光スポットだけ連れて行って欲しいという場合は、観光スポットを回る半日や一日ツアーを申し込めばそれでOK!限られた時間で効率よく観光スポットを回るツアーがあるのでうまく利用するのもお勧めです!
トラブル
シンガポールの治安はよく、親子旅でも特別注意することはありません。ただし、親子旅、特に母娘旅になるとお買いものに夢中でお財布が入ったかばんのことをついつい忘れてしまいがちなので注意してくださいね。スリに関することはシンガポールに限らず、日本に居ても注意しなければならないことですね。

その他、交差点を渡る時など前後左右くまなく車を確認してから渡ってくださいね。シンガポールではウィンカーを出さずにいきなり曲がってくる車が多いのも事実です。道を渡る前には、車が止まることを確認してから渡るなど注意に注意を重ねるくらいでちょうどよいかもしれませんよ。

お勧めのスポット

親子旅で楽しみたいスポットは盛り沢山。そんな中から選りすぐってみました♪
マリーナ・ベイ・サンズ
ここは王道中の王道。
母娘旅ならショッピングがお勧め。開放感ある館内でゆっくりお買いものができます。またTWGもマリーナ・ベイ・サンズに数軒入店しているのでのんびりお茶したり。夕暮れ時には58階にある空中庭園でパノラマビューを楽しみつつ、お酒飲んだりと、オシャレに楽しめます。

父子旅ならカジノなんていかが?24時間オープンしているので、内部探検をしに遊びに行っても面白そうです。
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
マリーナ・ベイ・サンズの真後ろにあるガーデンズ・バイ・ザ・ベイ。ユニークで巨大なスーパーツリーが目印の植物園。植物観賞が好きな人は有料施設のフラワー・ドームへ。一つ一つの植物を見ているとかなりの時間がたってしまうほど、見どころいっぱいです。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内には、レストランも、お酒が飲めるところもあります。こんなところで親子でのんびり食事したり飲んだりって素敵ですね~

その他、日没後に毎日開催される無料の光と音楽のショー、「ガーデン・ラプソディ」もお勧めですよ!日没後なので紫外線の心配もないので母娘旅の人にもお勧めです♬
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイはカメラを抱えた人の遭遇率がかなり高いです。スーパーツリーやフラワー・ドームにあるユニークな植物ついついカメラを向けたくなる魅力があるので父子旅の人ももちろん十分に楽しめますよ~。
アラブ街
こちらは母娘旅の人に人気のスポット。巨大モスクのサルタン・モスクの周辺にズラリと並んでいる可愛らしいお店がショッピングを楽しみたい母娘にぴったり。
お手頃価格で買えるショールやかごバックなど日本で活躍できそうなアイテムが揃っています。そのほか、母娘旅でお勧めなのが水やアルコールをつかていないパフューム・オイル。かわいいデザインの瓶も乙女心をくすぐります。こちら、「ジャマール・カズラ」ではいろんな種類のオイルや瓶が小さい店内に並んでいます。
【保存版】親子で旅しよう♪ナビ的シンガポール.親子旅行のすすめ ジャマール・カズラの香水は人気!

ジャマール・カズラの香水は人気!

ライトアップ
シンガポールで名物になりつつある(?)ライトアップ。旧正月から始まり、中秋節、ハリラヤ、ディーパバリと続いて、クリスマスのライトアップと各地で季節ごとにキラキラしたシンガポールが楽しめます。
特に、ハリラヤ、ディーパバリのライトアップの周辺では屋台があるので、お祭り気分が味わえます。多民族国家ならではのシンガポール楽しめるので、親子旅の皆さんも楽しんでください♪

親子旅の食事

ハイティ
旅行中は、ちょっと優雅にハイティしたい!なんて思っている人が多いかもしれませんね。特に母娘旅ではハイティは人気ですね~!
王道中の王道はラッフルズホテルのハイティ!コロニアルな建築物も楽しめるラッフルズホテルへちょっとオシャレしてお出かけするのも女同志の旅・母娘旅ならではですねー。
ハイティはラッフルズホテル以外でもやっているのでアクセスのよいホテルを選んで行くのもいいですよ。
ホーカー
父子などがっつりシンガポール料理を楽しみたい人にはホーカー巡りはいかがでしょう?ホーカーでは好きな料理を頼めるので少人数の旅行ではかなり利用価値があります!大食家の父子のみなさん、一日5食くらいいけてしまうかも、ですよ!
シーフード&チリクラブ
がっつりと料理を食べたい巨大な胃袋の持ち主の父子旅の人はチリクラブなんかもいけてしまうかも!チリクラブは大人数で行って、みんなで分けて食べるのが一般的なスタイルですが、巨大胃袋の持ち主だったら挑戦してみる価値があるかも。

いかがでしたか?親子旅は気兼ねなく楽しめるのでお友達同士とはまた違った楽しみ方ができますね。食事にショッピング、観光と親子だからこそ出来るプランをぜひ立ててみてくださいね。以上、シンガポールナビでした!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2014-10-24

ページTOPへ▲

その他の記事を見る