スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

帰国日どうする!? おすすめシンガポール旅行最終日の過ごし方!

ダウンタウンと空港の距離がとても近く、日本行きが深夜便の多いシンガポールは、帰国日でもたっぷり観光を楽しむことができます。とは言え、帰国日は余裕を持って行動したいものですね。そこでナビおススメの帰国日の過ごし方をご紹介致します!

海外旅行の最終日、もうちょっと長く楽しみたかったなぁと後ろ髪引かれる方も多いと思います。空港が遠かったりして、最終日がほとんど移動だけで潰れてしまうという国もありますが、ここシンガポールは最終日でもギリギリまで遊べちゃいます♪東京23区とほぼ同じ大きさの国ですので、観光客が多く滞在する中心街から空港までは多く見積もっても1時間程で到着してしまうほど空港へのアクセスがいいですし、交通手段も多く分かりやすいので、海外旅行に慣れていない方でも安心です。また、シンガポール発日本行きの便は一部を除きほとんどが深夜・早朝便ですので、体力に自信のある方は出発ギリギリまで観光スケジュールが組めちゃいますよ!それでは、最終日おすすめの過ごし方を紹介して参ります。

まずは空港までの交通手段を確保!

パッケージツアーご利用で空港送迎のある方や、マリーナ・ベイ・サンズなど空港への送迎があるホテルに宿泊の方は特に気にされなくても大丈夫なのですが、そうでない方はまず空港までの交通手段を決めておきましょう。
一番のおすすめはなんと言ってもタクシーです!初乗りが3.00Sドルから3.40 Sドル程(2015年2月現在)と先進国の割には格安です。タクシーのグレードや時間帯によって料金が異なりますが、中心部から空港までは大体23Sドルから49Sドルのに収まり、30分程で楽々空港に到着です。ただし、雨が降っている時はタクシーがなかなか捕まらないことが多いので、ホテルからであっても少し余裕を見て出発してくださいね。
旅慣れていて尚且つ荷物の少ない方向きなのですが、36番の路線バスで空港まで向かう方法もあります。朝6時過ぎから夜は22:50頃まで、空港からタングリン・ショッピングセンターの間を循環で周っており、5分から15分間隔で運行されています。オーチャード通りやサンテック・シティー、カトン地区(マリンパレード)に宿泊される方はこのバスを利用すると大体2.1Sドルから2.4Sドルの間(2015年2月現在)と格安で空港に行けちゃいますよ!
36番のバスはラッフルズホテルやカトンのそばを通るので、身軽な方は途中下車して観光しながらゆっくり空港に向かうこともできますよ☆ 36番のバスはラッフルズホテルやカトンのそばを通るので、身軽な方は途中下車して観光しながらゆっくり空港に向かうこともできますよ☆

36番のバスはラッフルズホテルやカトンのそばを通るので、身軽な方は途中下車して観光しながらゆっくり空港に向かうこともできますよ☆

当日の手配が心配な方はナビで空港送迎を予約しておくのもいいですよ。日本語で手配できるので意思疎通に問題ありませんし、指定の時間に必ず出発することができます。特にご高齢の方や小さいお子様連れの方におすすめです。以下のリンクをご参考になさってください。

出発までのおすすめの過ごし方

深夜発の場合、時間を有効に使えるのはメリットですが、あまりにも予定を詰め込み過ぎてしまって搭乗時刻までバタバタしてしまいます。また、ユニバーサルスタジオなどのテーマパークや体を使うアクテビティーなど極端に疲れてしまうことは、約7時間のフライトで疲れることを考えるとよっぽど体力に自信のある方以外は避けておいたほうが賢明です。なるべく余裕を持ったスケジューリングをしましょう。
それでは、いくつかおすすめの過ごし方をご紹介致しましょう。

オーチャード通りでのショッピング
シンガポールが初めての方は特に、主要な観光地を周ってから最終日にショッピングを持ってくると効率よく周れると思います。ダウンタウンのホテルにご宿泊でしたら、オーチャード通りへのアクセスも簡単ですし、買い物してからまたホテルに戻るのも時間的にロスがありません。買い物に疲れたらゆっくり休憩できるカフェも沢山ありますし、有名なレストランも多いので、グルメもちゃんと楽しめます。特に時間制限などを気にせずにできることですので、深夜便の方にも翌朝の早朝便の方にもおすすめです。
一年中通してセールをやっていることの多いシンガポールですので、お得な買い物ができるかも知れませんよ!

一年中通してセールをやっていることの多いシンガポールですので、お得な買い物ができるかも知れませんよ!

休憩しながら中華スイーツを楽しめるのもシンガポール観光の醍醐味☆

休憩しながら中華スイーツを楽しめるのもシンガポール観光の醍醐味☆

マリーナ・ベイ・サンズ
マリーナ・ベイ・サンズ付近も半日~1日かけて見て回れるほど見どころ満載です。オーチャード通りなどの中心部からMRTやタクシーで15分程でアクセスできるので、帰国前でも時間に余裕を持って観光を楽しめます。マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルのユニークな建築やスカイパークからダウンタウンの景色を楽しんだり、モールで買い物したり、カジノ体験してみたりと1か所でいろいろなことができます。時間に余裕があれば毎晩行われる「ワンダーフル」という水とレーザーのショーを是非お楽しみください!
天井が高くて開放感あふれるモール。

天井が高くて開放感あふれるモール。

スカイパークからの眺めは格別です!

スカイパークからの眺めは格別です!

約13分間のショー、ワンダーフルは必見!

約13分間のショー、ワンダーフルは必見!

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
マリーナ・ベイ・サンズに隣接する人口庭園のガーデンズ・バイ・ザ・ベイをゆっくり散策するのもおすすめです。マリーナ・ベイ・サンズ直結のMRTベイフロント駅から徒歩10分程でアクセスできます。キャノピー・ウォーク」、「フラワー・ドーム」と「クラウド・フォレスト」は入場料がかかりますが、屋外の散策は無料です。おすすめの時間帯は涼しくなってきた夕方から夜にかけて。ライトアップが幻想的でとても美しいです。世界中の植物を見ることのできる「フラワー・ドーム」と東南アジアにはない高山植物を見ることのできる「クラウド・フォレスト」も展示の仕方がユニークで必見ですよ!
広大な敷地内に色とりどりの草花が展示されています。

広大な敷地内に色とりどりの草花が展示されています。

アフリカの不思議な木、バオバブは人気の記念撮影スポットです。

アフリカの不思議な木、バオバブは人気の記念撮影スポットです。

高さ35mの人口山の上から見て回るスタイルです。結構な高さがあり、スリル満点!

高さ35mの人口山の上から見て回るスタイルです。結構な高さがあり、スリル満点!

人口の雲まで作られるんですよ!ドーム内も肌寒いぐらいの温度で、まるで高原にいるような気分です。

人口の雲まで作られるんですよ!ドーム内も肌寒いぐらいの温度で、まるで高原にいるような気分です。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの夜景はとても幻想的☆ ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの夜景はとても幻想的☆

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの夜景はとても幻想的☆

チャンギ空港
世界一の空港に選ばれたほどサービスのいいチャンギ空港は、ただ行き帰りにちょっと寄るだけでは勿体ないほど施設が充実しています。ターミナル間の移動もスムーズにできるので、少し早めに行ってそれぞれのターミナルを散策してみるのも面白いかもしれません。特にターミナル3の地下はまるでショッピングセンターのようにたくさんのショップが入っています。ですので、市内で時間が足りなくてお土産を買いそびれてしまってもご心配なく!各ターミナルの地下に結構品揃えのいいスーパーが入っているので、バラマキ土産を買ったり、自宅でシンガポールの味を再現できるようなレトルトやソースなどを購入することもできます。ただし、100ml以上の液体物は飛行機に持って乗れないので、チェックイン前に行って預ける荷物の中にしまってくださいね。
また、レストランも充実しており、中華の人気店からフードコートまでいろいろ入っているので、最後の最後までシンガポールの味覚に舌鼓を打つこともできます。24時間営業のお店も多いので、深夜早朝出発の時にちょっと時間をつぶしたり、小腹が空いた時に有難いですね。
バラマキ土産もシンガポールならではのお土産も品揃え豊富☆ バラマキ土産もシンガポールならではのお土産も品揃え豊富☆

バラマキ土産もシンガポールならではのお土産も品揃え豊富☆

シンガポールで人気のレストランもありますよ。 シンガポールで人気のレストランもありますよ。

シンガポールで人気のレストランもありますよ。

出国審査後のエリアでは免税店もたくさんあり品ぞろえも豊富なので、時間が沢山あっても飽きるどころかむしろ時間が足りなくなってしまうかも?!
トランジットホテルもあり、そこでシャワーだけ利用することもできます。特に深夜便の方はさっぱり汗を流してから搭乗されたほうがゆっくり休めるはずです。(2015年2月現在ターミナル1にはシャワーを利用できる施設がありません。)
出国審査を受ける前でもターミナル3でしたら1Fの到着エリアに「The Haven」というラウンジがありますので、ここでもシャワーを利用することができますよ。

いかがでしたか?飛行機の出発3時間くらい前までに空港に向かえばいいので、やはり空港まで近いということはシンガポールの魅力の一つですね!逆に空港に早く行ってしまっても退屈することなく、またゆったり旅の疲れを取れる施設も充実しているので、どこか1か所観光してあとは空港でゆっくりという過ごし方も勿体なくないですよ。皆さん思い思いの最終日を素敵に過ごしてくださいね☆以上、シンガポールナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2015-07-08

ページTOPへ▲

その他の記事を見る