スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

シンガポールのクリスマス 2016年

2016年のクリスマス情報、一挙お届けします!

こんにちは、シンガポールナビです。いよいよクリスマスのシーズン到来です。2016年のシンガポールのクリスマス情報をまとめて一挙にお伝えします。

クリスマスイベントはクリスマスが終わったあともしばらく続くところが多いです。日本ではクリスマスのあとは速攻お正月の門松の準備になることが多いですが、クリスマス後、年末カウントダウンのころもクリスマスムードは続きますよ!

ちなみに、シンガポールでは12月25日はクリスマスで祝日になります。25日が日曜日のため、26日が振替休日になります。

シンガポールのクリスマスイベント 2016年

1:オーチャード・ロード~クリスマスイルミネーション (11月12日から来年1月2日)
11月中旬から始まったこちらのクリスマスイルミネーション、オーチャード・ロードにあるタングリン・ショッピングモール周辺から、プラザ・シンガプーラ周辺までのオーチャード・ロードがクリスマスのイルミネーションでキラキラです。
2:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ~Christmas Wonderland (12月2日から来年1月1日)
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの人気のクリスマスイベント。去年までは無料でしたが、今年からは有料に。フォトジェニックなクリスマスが味わえる、人気のイベントなので有料も仕方ないのかもしれないですねー。
値段は日により異なりますが、4ドルから8ドル。なるべく早めにチケット購入をお勧めします。
チケット購入は下記のリンクからどうぞ~~!
3:ユニバーサル・スタジオ・シンガポール~Santa’s All-Star Christmas (12月1日から来年1月2日)
セントーサ島のユニバーサル・スタジオ・シンガポールでもクリスマスイベント開催です。
花火が打ち上げられる日もあるのでぜひお見逃しなく!

各所で見られるクリスマスのイルミネーション

~ホテル~
ホテルで見られるクリスマスと言えば、巨大クリスマスツリーが多くなりました。巨大クリスマスツリーが多くなったけれど、やっぱりラッフルズ・ホテルのクリスマスイルミネーションは素敵です。

二―・アン・シティ

二―・アン・シティ

~ショッピングセンター~
ショッピングセンターのイルミネーションもホテルと同様に巨大化しつつあり巨大クリスマスツリーがあちこちで見られます。
その中でも元祖(?)巨大クリスマスツリーと言えば、高島屋がある二―・アン・シティにあるクリスマスツリー。建物の吹き抜け部分に置かれる巨大ツリーは3階のあたりまでの高さ。写真撮影する人が絶えないのも納得ですよ!

ティファニーのクリスマスツリーの中へ~ION

ティファニーのクリスマスツリーの中へ~ION

IONの前にある2016年の巨大ツリーはティファニー!このツリー、なんと中に入ることもできるんですよ!
ION前。こちらがティファニーのツリー

ION前。こちらがティファニーのツリー

パラゴン前

パラゴン前

二―・アン・シティ内のマカロンのツリー

二―・アン・シティ内のマカロンのツリー


~チャンギ空港~
ピカチュウが大人気だった2016年らしく、ピカチュウのクリスマスツリーがあります。写真撮影スポットとしても人気。フライトの前にぜひ写真撮影をどうぞ~。

どこでクリスマス・グッズが手に入る?

旅行中に気軽にクリスマス関連のスイーツやオーナメントが手に入るのはオーチャード周辺。ショッピングセンター内でクリスマス関連のアイテムを扱っているところがあるのでぜひお買い物の合間に覗いてみてくださいね。


~オーチャードにあるパラゴンの1階~
マークス&スペンサーのお菓子や、クリスマスのオーナメントがあるのでまとめて見られて便利です。チョコの詰め合わせやミンス・パイもありますよ!

~オーチャードのタングスの4階~
クリスマスのアイテムをまとめて扱っています。赤を基調としたオーナメントはどこのショッピングセンターでも見られますが、ここでちょっと面白いものを発見!シンガポールの国旗のオーナメントです。赤と白のシンガポール国旗はクリスマスのオーナメントにもピッタリの色!

いかがでしたか?12月になれば本格的にクリスマスのお買い物で賑わい始めます。日本とはちょっと違う、開放的な夏のクリスマスを味わいにぜひシンガポールに遊びに来てくださいね。以上、シンガポールナビでした!

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2016-11-30

ページTOPへ▲

その他の記事を見る