スポット検索 検索

マイナビ マイナビ

世界のナビ 世界のナビ

トップ 
  • エリア
  • グルメ
  • ショッピング
  • ビューティー
  • ホテル
  • エンタメ
  • 観光情報
  • ツアー・手配
  • わいわい広場

5&6月のシンガポール 【2017年】

ラマダン☆セールが始まる5月&6月♫

こんにちは、シンガポールナビです。4月ももうすぐおしまい。GWのシンガポール旅行までカウントダウンで準備中の皆さま、こちらでぜひシンガポール最新情報をチェックしてくださいね。
6月にはお買い物好きには嬉しいバーゲンも始まるので楽しみです!
それではいつも通り祝日のお知らせから始めます!

5月、6月の祝日

5月1日 レイバー・デー
世界的にメーデーで知られている労働者の日。この祝日で観光施設への大きな影響はないのでご安心を!

5月10日 ベサック・デー
お釈迦様の誕生を祝う仏教の祝日。シンガポールの仏教寺院がにぎわう一日です。こちらもレイバー・デーと同様に観光施設への大きな影響はありません。

6月25日 ハリラヤ・プアサ
約1か月続いたラマダン明けを祝うイスラム教の祝日。イスラム教関連の祝日なのでイスラム系、マレー系のお店では休業するとことが多くなります。大きなショッピングセンターや観光施設では大きな影響はないのですが小さなお店へお出かけの予定がある場合はご注意くださいね。
また、この日は日曜日のため、6月26日が振替休日となり3連休となります。

*レイバー・デーとハリラヤ・プアサを祝しては大統領官邸のイスタナが5月1日、6月25日にそれぞれ一般公開されます。1年に5回の貴重なイベント。行列ができるほどの人気ですが行列覚悟でぜひお出かけください!

*レイバー・デーとハリラヤ・プアサはシンガポール在住者にとって嬉しい3連休。マレーシアへの陸路移動やシンガポールから近隣諸国へのフライトが混み合うので時間に余裕をもってお出かけくださいね。

5月、6月の天気

毎年この季節はピーカン晴れが続き、長時間外にいるとかなり体力消耗してしまう時期です。今年は例年に比べて雨が降ることが多いのですがそれでも晴れの日の日中はかなり暑いです。
暑さ対策として水分補給、そして日焼け対策として日焼け止めやサングラスなど日本の真夏と同じような対策をしてくださいね。

そして室内の強烈なエアコン対策として薄手のジャケットやストールがあると安心です。室内と屋外の気温差が大きいので体調管理もお忘れなく!

グレート・シンガポール・セール始まります~6月9日から

国を挙げての大セールがいよいよ始まります。期間は6月9日から8月13日まで約2か月続きます。時々フライング気味に期間前からセールをしているお店もあるので5月下旬くらいからお店をちょこちょこチェックしておきたいところです。
一流&高級ブランドのセールを巻き込んでのこのGreat Singapore Sale、略してGSSは長丁場のセールですが個々のお店・ブランドではこの2か月のうち数週間のみセールをしているところが多めです。しかもセール期間を大々的に公表しないところが多いので気になるお店があれば旅行中、マメに覗いてくださいね。

ラマダン期間中のバザール・ライトアップが始まります~ラマダン明けは6月25日

5月下旬からのラマダン、この時期は日の出から日没まで絶食をするイスラム教徒ですが、日没後はラマダン時期の限定バザールが賑わいます。
このラマダン時期のバザールはイスラム教徒限定ではなく旅行者など誰でも気軽に入れ、雰囲気は縁日のような感じです。
絨毯やイスラムの人達の衣類が売っているところが多いのですが、わたしたちにとっては美味しい料理が揃っているのも嬉しいところ。そしてMRT Paya Laberから歩いてすぐのゲイラン・セライではバザールに加え、ライトアップも開催されます。

:::ラマダンのバザール:::
ゲラン・セライ~最寄りMRT:Paya Laber
サルタン・モスク前~最寄りMRT:Bugis / Nicole Highway

5月、6月のお勧めお出かけスポット

ジョー・チアット・ロード

プラナカン様式のショップハウスと呼ばれる建築物が並んでいて街散策にピッタリの場所。パステルカラーの壁の色や花や草模様のデザインが施されています。
高層ビルよりもショップハウスが目立つこのエリアでお散歩してみては?
気軽に立ち寄れるオープンエアのコピショップやお手軽価格のレストランも多いですよ。


嬉しいバーゲンも6月から始まります。ちょっと為替動向が気になるところですが、お買い物好きな人には嬉しいシーズンの始まりです。ぜひ遊びに来てくださいね。以上、シンガポールナビでした。

関連タグ:ラマダンGSSセール

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2017-04-26

ページTOPへ▲

関連記事

2017年のシンガポール

2017年のシンガポール

イベントやスポットの今後の行方が気になる2017年のシンガポール♫

その他の記事を見る