セント・アンドリュース大聖堂

St. Andrew's Cathedral

閉店・移転、情報の修正などの報告

壮大なゴシック建築の大聖堂。空に向かってそびえる白い尖塔が印象的。

photo

高層ビルが目立つシティの中で、空に向かってそびえる純白の塔が一際目立つ大聖堂。シンガポール教区の主教が座する主教座を持つため、カテドラル(大聖堂)と呼ばれています。1823年、ラッフルズ卿がこの地に教会を設立することを決め、1856年から63年にかけ聖堂が建設されました。現在も教会は英国国教会に属しています。堂内の正面にある美しいステンドグラスのうち、中央のものはラッフルズ卿を記念するもの。光を受けて輝くステンドグラスは、南国の空のような青色がきれいです。常夏の強い日差しを忘れさせるような、厳かな空気が流れる大聖堂です。

  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo
  • photo

ページTOPへ▲

関連タグ: 大聖堂 教会

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2011-05-31

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供